ビデオパス PR

「サヨナラ、えなりくん」渡辺麻友×えなりかずき|ダメ男に潜む欲望の化身とは?純愛求める乙女の“成敗系”ラブコメディ

さおりの言動に思わず「ええー!?」(えなり)

──それでは、さおりのキャラクターについてもう少し聞かせてください。えなりさんから見て、さおりのような女性はどうですか。

えなりかずき

えなり 男の僕からすると、さおりはなかなかな子ですね。正直さおりの言動には「ええー!?」と思うことがよくあります。

渡辺 あははは。

──どんな場面でそう感じますか?

えなり 村ちゃんの前では胸の内をぶっちゃけることが多いじゃないですか。なので、女性の戦略として“純愛キャラ”を装っているのかな?と疑ってしまうことがあって。こうすればかわいく見えるんじゃないかという。

渡辺 さおりはそうじゃないんです! 男性とデート中のさおりも、村ちゃんと話しているときのさおりも、どちらも本当の彼女であって。戦略的なぶりっ子ではないんです。

えなり でも裏の顔を知っているとね。こんなべらんめえ調のさおりがいるんだったら、デートのときに少しはキャラを出してくれてもいいじゃないという(笑)。

ダメンズからは何かがにじみ出ている(渡辺)

──さおりが夢中になる男性はみんなデートのとき本性を隠していますが、渡辺さんがデートをするとしたら取り繕うようなことってありますか?

渡辺麻友

渡辺 ええーどうだろう。一緒にいて楽な人がいいので、取り繕わなきゃいけないような人とはデートしないかもしれないです。自分自身が素でいられるような人じゃないと嫌です。

──逆に、自分の前に本性を隠した人が現れたらいかがでしょう。

渡辺 もしダメンズが現れたら……そういう人って何かしらにじみ出てるものじゃないですか? なんとなく見抜けそうな気がするんですけど、どうなんでしょう。

──えなりさんはどうですか。

えなり 僕は絶対無理です! そもそも恋愛に関しては、男性より女性のほうが上手ですよね。よくも悪くも猫を被っているというか。でも男性もバレないようにがんばって嘘をつくときもありますから、見抜けるかどうかはわからないですよ?(渡辺にニヤリとした顔を向ける)

渡辺 怖いです!

えなり えなりが潜んでいるかもしれないですから(笑)。

リビングでお酒を飲みながら観てほしい(渡辺)

──それでは最後に視聴者へ向けてメッセージをお願いします。

渡辺 いい意味で気軽に楽しめる作品だと思うので、リビングでお酒でも飲みながら観てほしいです。日曜の深夜はぜひ「サヨナラ、えなりくん」とともにお過ごしください。

えなり さおりを演じているときの渡辺さんの表情を現場で見ていて、すごく面白いと思ったんですよね。変化の幅が広いと言いますか、多様な表情をしているのでぜひ注目してみてください。

サヨナラ、えなりくん 番外編「残念くんに効くレシピ」

サヨナラ、えなりくん 番外編
「残念くんに効くレシピ」

※「サヨナラ、えなりくん」本編の放送終了後、毎週日曜深夜に1話ずつビデオパス限定配信

スピンオフでは、容姿も肩書も申し分ないのに、どこか残念な一面を持つ男を“残念くん”と命名し、さおりが“残念くん”に効くレシピを考案。友人の村ちゃんと試食しながら恋愛トークを繰り広げていく。

テレビドラマ「サヨナラ、えなりくん」
「サヨナラ、えなりくん」
あらすじ
純愛を追い求める25歳の桐山さおりは、理想の相手を見つけるため日々婚活に励んでいる。しかしさおりが出会うのは浮気性やマザコン、ドケチといった裏の顔を持つダメ男ばかり。そんな男たちにひどい仕打ちを受けた瞬間、さおりはある特殊能力を発揮し、彼らの心にすみ着く欲望の化身えなりくんを退治していく。
スタッフ
企画・原作:秋元康
監督:佐藤太、二宮崇ほか
脚本:喜安浩平、松本哲也ほか
キャスト
桐山さおり:渡辺麻友
えなりくん:えなりかずき
片栗:上地春奈
村木沢茂:池田成志

放送情報

地上波放送
テレビ朝日(一部地域を除く)
毎週日曜 24:40~
auビデオパス
auビデオパスにて地上波放送直後より、見放題独占配信。
※テレ朝動画でも個別課金型配信

「サヨナラ、えなりくん」はビデオパスで見逃し見放題配信中

さらにビデオパスでしか観られない配信限定スピンオフ「残念くんに効くレシピ」も見放題!

auビデオパスとは
「ビデオパス」は映画(洋画・邦画)やドラマ、アニメなどさまざまなジャンルの映像作品を視聴できる、auスマートフォン向けの動画配信サービス。最新のレンタル作品や月額562円(税抜)の見放題プランに加え、会員登録不要の無料作品もご用意。見放題プランは、毎月もらえる「ビデオコイン」を使って追加料金なしで毎月1本の最新作品を視聴でき、初回登録時には30日間無料でお試し視聴できる。
渡辺麻友(ワタナベマユ)
1994年3月26日生まれ、埼玉県出身。2006年に行われた第3期AKB48オーディションに合格し、AKB48メンバーの一員に。2012年2月にシングル「シンクロときめき」でソロデビューを果たし、2014年にはAKB48第6回選抜総選挙で1位を獲得した。アイドルや歌手としての活動だけでなく、ドラマ「マジすか学園」シリーズやアニメ「映画魔法つかいプリキュア!奇跡の変身!キュアモフルン!」にも出演するなど、女優・声優としても活躍している。
えなりかずき
1984年11月9日生まれ。幼少期からドラマ「渡る世間は鬼ばかり」に出演し、成熟した演技を持ち味に幅広い年齢層からの支持を得てきた。ドラマだけでなくバラエティや情報番組にも出演しており、その活躍は多岐にわたる。