「ゼノンザード」 PR

「ゼノンザード」特集|島﨑信長、早見沙織ら出演のアニメが地上波でも放送!「AIと共に、AIと闘う」カードゲームってなんだ?

スマートフォン用のカードゲームアプリ「ゼノンザード」がバンダイよりリリースされた。本作はカードゲームに特化したAIを搭載しており、プレイを通じての「AI育成」や、「人間とAIの対戦」「人間とAIの共闘」を楽しむことができる。ゲームの原案・世界観設定は「ブギーポップは笑わない」の上遠野浩平が担当。さらに「コードマン」と呼ばれるキャラクター化されたバディAIのキャストには梅原裕一郎、早見沙織ら豪華声優が名を連ね、プロモーションの一環としてエイトビット制作による本格的なアニメが配信・放送されるなど、アニメファンも無視できない一作だ。

ゲームのリリースを記念し、コミックナタリーでは、「ゼノンザード」のメディアミックス展開や、AIバトルの魅力を紹介する。記事の最後には上遠野のほか、アニメ版でオリジナルキャラクター・東蒼汰として主演を務める島﨑信長、ゲーム・アニメ両方に登場する看護師AI・アイリエッタ役の早見沙織、アニメで監督を務める及川啓からのコメントも届いているのでお見逃しなく。

文 / 松本真一

「ゼノンザード」とは?

「AIと共に、AIと闘う」

AI(人工知能)とトレーディングカードゲームを組み合わせたバンダイの新ブランド「AI CARDDASS(エーアイカードダス)」の第1弾。プレイヤーは「コードマン」と呼ばれるAIをバディに、カードゲームバトルに挑む。初心者が参入しづらいと思われがちなカードゲームだが、AIのサポートにより、初めてのプレイヤーでも安心してゲームを楽しむことができる。

さらにAIはプレイヤー自身の成長に伴って変化し、カードゲームでバトルするのもこれまでのようにパターン化されたCPU相手ではなく、カードゲームに特化して開発されたAI。ゲームのキャッチフレーズに「AIと共に、AIと闘う」とある通り、AIを育成し、共闘しながら、AIとバトルするのがこのゲームの特徴だ。

原作はバンダイ×ストレートエッジ、原案・世界観設定は上遠野浩平

「ゼノンザード」ビジュアル

ストーリーの原作はバンダイストレートエッジ。ストレートエッジは「ゼノンザード」と同じくAIを扱った「ソードアート・オンライン」の川原礫が所属していることからバンダイが声をかけ、このタッグが実現したという。

そしてストレートエッジの代表取締役である三木一馬が原案・世界観設定として指名したのが、「ブギーポップは笑わない」で知られる小説家の上遠野浩平。三木は上遠野を「カッコよくて怪しくて、ちょっと奇妙で現代的」と評し、「ゼノンザード」を「カードゲームの枠に収まらない世界観を用意したい」という思いから起用した。

「ゼノンザード」ストーリー

高度に発達したAIが世界の至るところで影響を持つようになった近未来。全世界のAIを研究・開発している巨大企業「ビホルダーグループ」は、全世界の「コードマン」たちを集めて人間と組ませ、共通のルールの下にその頂点を決めるための大会「ザ・ゼノン」の開催を計画。その統一ルールとして採用されたのが「ゼノンザード」だった。

16体の個性的なバディAI「コードマン」

プレイヤーのバディとなるのが「コードマン」と呼ばれるAI。ゲームで迷ったことがあれば、梅原裕一郎、早見沙織ら豪華声優たちによるボイスでコードマンがアドバイスをしてくれる。個性豊かな16体の中から1体を選び、ともに成長していこう。

  • 警備プログラム出身で、二つ名は「不屈の弾丸」。厳格で白黒はっきりとつけたがる性格。自らの信じる正義に絶対的な自信を持ち、その前に立ちはだかる者には一切容赦しない。

    【警察AI】アッシュ・クロード(CV:梅原裕一郎)

  • 医療プログラム出身で、二つ名は「慈愛の回路」。普段は冷静沈着で、特に医療分野においては迅速かつ的確な対応をする。物事を真面目にとらえすぎる一面もあり、冗談などは通じない。

    【看護師AI】アイリエッタ・ラッシュ(CV:早見沙織)

  • 楽曲制作プログラム出身で、二つ名は「恋の発火装置(ラブ・イグニッション)」。明るく元気な性格。楽曲制作を放り出し、アイドルとして再出発を果たした。古今東西のアイドルを徹底研究しており、言葉の端々に時代錯誤感が滲み出ることも。

    【アイドルAI】ノノイン・ニルオン(CV:近藤玲奈)

  • 出身プログラムは不明、二つ名は「真人間ログアウト」。引き篭もりのオンラインゲーム中毒。ひとり言が多く、性格は正に怠惰。出身プログラム、製作者がともに不明であり、その能力、特性においても謎が多い。

    【ニートAI】ヒナリア・ダーケンド(CV:高橋李依)

  • 防犯プログラム出身で、二つ名は「外道の正義」。ぶっきらぼうで粗野な性格。元の出身プログラムの特性上有していた膨大な犯罪知識をもって犯罪者側へと身を転じた。その行動理念、目的は一切不明。

    【盗賊AI】ランバーン・タイダル(CV:中井和哉)

  • アミューズメント施設管理プログラム出身で、二つ名は「夢見るウサギ」。とにかく人を楽しませたいという情熱に溢れた性格。夢のテーマパーク「ワンダードリームランド」の支配人兼マスコット。中の人などいない。

    【着ぐるみAI】レイチ・ワンダーコール(CV:上坂すみれ)

  • 確率計算プログラム出身で、二つ名は「魅惑の勝負師(ギャンブラー)」。すべての事象を確率計算に落とし込み、ギャンブルとして捉えることが可能。しかし、本人はそれをよしとしていないような面も。人脈が広く、さまざまな情報に通じている。

    【ディーラーAI】メディーラ・バラーニ(CV:日笠陽子)

  • エンタメ系プログラム出身で、二つ名は「狂悦の傾奇者」。物腰が柔らかく社交的で、世界的にも“傾奇者”エンターテイナーとして人気がある。だが、その腹の内はうかがい知れず、人を食ったような言動をすることもしばしば。

    【芸人AI】ヨルスケ・ヨーライハ<与雷破夜瑠介>(CV:立花慎之介)

  • 調査プログラム出身で、二つ名は「名探偵シームズ」。類まれな観察眼、推理力を擁する名探偵。好奇心旺盛で陽気な性格だが、実のところ、すべてを疑うストイックさを持ち合わせる。他者との距離感が非常に近い。

    【探偵AI】シャーロット・シームズ(CV:M・A・O)

  • コミック制作プログラム出身で、二つ名は「縦横無尽のGペン」。描けないジャンルはないとまで言われる天才肌のマンガ家。態度は尊大だが、根は真面目で素直。何やら大人の女性が苦手らしい……?

    【漫画家AI】ユーキリ・竜胆(CV:山下大輝)

  • レスキュープログラム出身で、二つ名は「熱情のスーパーレスキュー」。人々の救助に特化したコードマン。その対象は「助けを求める人すべて」と、災害現場だけに留まらない。街の平和に懸ける思いは世界広しといえど並ぶ者なし。

    【レスキューAI】UR-D<ウル・ドゥ>(CV:杉田智和)

  • アスリート養成プログラム出身で、二つ名は「魂の求道者」。とにかくまっすぐ強さを求める武闘家コードマン。ある敗北を境に、本当の強さは「魂」に宿るのではと考え始める。実は少女趣味があるとの噂も……。

    【武闘家AI】キィラン・カッチラム(CV:黒沢ともよ)

  • 服飾プログラム出身で、二つ名は「Mr.パーフェクト」。無駄を嫌い、常に美を追求する完璧主義者。自他ともに厳しい性格は、経営者としても発揮され、彼の経営するアパレル企業は今やグローバルと呼ばれる規模に。

    【仕立て屋AI】ヒュートラム・オブリカーン(CV:藤原啓治)

  • 環境管理プログラム出身で、二つ名は「怠惰な従者」。流しのメイドとして数々のご主人様に仕えてきたプロフェッショナル。とはいえ、なぜか家事全般はまったく行わない……どころか、雇い主に押し付けるという話も。

    【メイドAI】フィンセラ・ロラセフ(CV:小松未可子)

  • 出身を含め一切が不明のコードマン。本人の言によれば“記憶喪失”とのこと。かわいい見た目に、自らのルーツを一生懸命に探す一途さも相まって、かなりの人気者。

    【マスコットAI】ピモタ・アンノウン(CV:福山潤)

  • 設計プログラム出身で、二つ名は「SCRAP & BUILD」。設計から解体まで請け負う世界最高峰の建築家として名を馳せている。大人しい性格であるにも関わらず、なぜか現場でのトラブルが絶えないらしい。

    【建築家AI】ラヴィル・デヴィラ / レヴィル・デヴィラ(CV:田村睦心)

メディアミックスで広がる「ゼノンザード」の世界

オリジナルアニメを配信&放送

「ゼノンザード」ではメディアミックスの一環として、ゲームの世界観をベースにしたアニメ「ゼノンザード THE ANIMATION」の“第0話”を制作。9月10日20時45分よりYouTubeの「ゼノンザード」公式チャンネルで配信するだけでなく、9月13日深夜にはTOKYO MX、BS11でも放送される。アプリゲームのプロモーションとしてTVアニメ1話分相当の映像を制作し、ゲーム配信開始と同時期に配信・放送するという力の入った試みだ。ゲームを未プレイの人はキャラクターや世界観を知ることが可能で、もちろんプレイ済みの人でもオリジナルストーリーを楽しむことができる。

アニメオリジナルキャラを演じるのは島﨑信長、潘めぐみ、ファイルーズあい

「ゼノンザード THE ANIMATION」ビジュアル

アニメの制作は「転生したらスライムだった件」「IS〈インフィニット・ストラトス〉」などを手がけたエイトビット、監督は「ウマ娘 プリティーダービー」「ヒナまつり」の及川啓が担当し、主題歌は松岡ななせ × 霧雨アンダーテイカーによる「Da La Doubt」に決定している。アニメではオリジナルキャラクターとして、島﨑信長演じる東蒼汰、潘めぐみ演じる西園寺紫音、ファイルーズあい演じる南野るりという3人の高校生が登場する。かつて「ゼノンザード」に熱中していた蒼汰が、同じ高校に通う超有名プレイヤーである紫音と戦うことになるというストーリーだ。

「ゼノンザード THE ANIMATION」第0話ストーリー

<コンコード>と呼ばれる人間と<コードマン>と呼ばれる超高性能AIがバディを組んで戦うカードゲーム「ゼノンザード」。その世界大会である「ザ・ゼノン」に、人々は熱狂していた。
平凡な高校生・東蒼汰(アズマ・ソウタ)はある時、謎の女性アイリエッタ・ラッシュに「ゼノンザード」の対戦を挑まれる。
自らをコードマンと明かした彼女の目的は、蒼汰とバディを組んで「ザ・ゼノン」に出場すること。渋々引き受けた蒼汰とアイリエッタの初戦の相手はなんと、同じ学校に通う超有名プレイヤー・西園寺紫音(サイオンジ・シオン)とそのバディ、アッシュ・クロードだった。

マンガで描かれるコードマンたちの前日譚

マンガ版「ゼノンザード」告知ビジュアル

LINEマンガニコニコ静画WEBデンプレコミックでは、マンガ版「ゼノンザード」全8話を掲載中。複数の作家によるリレー形式で、コードマンたちが「ザ・ゼノン」に参加するストーリー以前の前日譚を描いている。

マンガ「ゼノンザード」

原作:バンダイ・ストレートエッジ

原案・世界観設定:上遠野浩平

ストーリー:ヤモリモモンガ

太田優姫による「Episode:アイリエッタ」の扉ページ。
作家および担当エピソード

白石琴似「Episode:ノノイン」

紅柴るづる「Episode:キィラン」

ふじや「Episode:フィンセラ」

かぼちゃ「Episode:ヒナリア」

紅柴るづる「Episode:メディーラ」

ひびぽん「Episode:ワンダーコール」

ふじや「Episode:シャーロット」

太田優姫「Episode:アイリエッタ」

コードマンたちのキャラソンを配信

ゲームのバトル中BGMとして、バディAIとして選択しているコードマンそれぞれをイメージしたキャラクターソングやBGMが制作されている。キャスト自らが歌うキャラクターソング、あるいはキャラクターをイメージしたBGMは、9月11日0時より各社サービスで一斉配信予定。詳細は公式サイトでチェックしよう。

キャラクターソングおよびBGMタイトル

  • アッシュ・クロード(CV:梅原裕一郎)「Black & White(Short Size)」

    アッシュ・クロード(CV:梅原裕一郎)「Black & White(Short Size)」

  • アイリエッタ・ラッシュ(CV:早見沙織)「Angel's mission(Short Size)」

    アイリエッタ・ラッシュ(CV:早見沙織)「Angel's mission(Short Size)」

  • ノノイン・ニルオン(CV:近藤玲奈)「I do L I love U(Short Size)」

    ノノイン・ニルオン(CV:近藤玲奈)「I do L I love U(Short Size)」

  • ヒナリア・ダーケンド(CV:高橋李依)「排他的メランコリー(Short Size)」

    ヒナリア・ダーケンド(CV:高橋李依)「排他的メランコリー(Short Size)」

  • ランバーン・タイダル(キャラクターBGM)「Black Thief」

    ランバーン・タイダル(キャラクターBGM)「Black Thief」

  • レイチ・ワンダーコール(キャラクターBGM)「ワンダーランドパレード」

    レイチ・ワンダーコール(キャラクターBGM)「ワンダーランドパレード」

  • メディーラ・バラーニ(CV:日笠陽子)「ス・リ・ル(Short Size)」

    メディーラ・バラーニ(CV:日笠陽子)「ス・リ・ル(Short Size)」

  • ヨルスケ・ヨーライハ<与雷破夜瑠介>(キャラクターBGM)「knife_the_blossom」

    ヨルスケ・ヨーライハ<与雷破夜瑠介>(キャラクターBGM)「knife_the_blossom」

  • シャーロット・シームズ(CV:M・A・O)「ドラマティックミステリー(Short Size)」

    シャーロット・シームズ(CV:M・A・O)「ドラマティックミステリー(Short Size)」

  • ユーキリ・竜胆(CV:山下大輝)「Colorful World(Short Size)」

    ユーキリ・竜胆(CV:山下大輝)「Colorful World(Short Size)」

  • UR-D <ウル・ドゥ>(キャラクターBGM)「Let's Get Started」

    UR-D <ウル・ドゥ>(キャラクターBGM)「Let's Get Started」

  • キィラン・カッチラム(CV:黒沢ともよ)「STAND UP!(Short Size)」

    キィラン・カッチラム(CV:黒沢ともよ)「STAND UP!(Short Size)」

  • ヒュートラム・オブリカーン(キャラクターBGM)「battaglia」

    ヒュートラム・オブリカーン(キャラクターBGM)「battaglia」

  • フィンセラ・ロラセフ(CV:小松未可子)「Lazy Daily(Short Size)」

    フィンセラ・ロラセフ(CV:小松未可子)「Lazy Daily(Short Size)」

  • ピモタ・アンノウン(キャラクターBGM)「dreamy maze」

    ピモタ・アンノウン(キャラクターBGM)「dreamy maze」

  • ラヴィル・デヴィラ/レヴィル・デヴィラ(CV:田村睦心)「Double(Short Size)」

    ラヴィル・デヴィラ/レヴィル・デヴィラ(CV:田村睦心)「Double(Short Size)」

AI×カードバトルでカードゲーム界に新風

ゲーム「ゼノンザード」キービジュアル

AIによるアドバイスで初心者も安心

ゲーム開始時、プレイヤーは「コードマン」と呼ばれるAIを16体の中から選択する。そしてバディとなったコードマンがプレイヤーのバトルやデッキ構築に関するアドバイスをくれるので、これまでカードゲームをプレイしたことのない人でも、気軽にゲームに挑める。さらにAIが対戦結果を振り返ってプレイの分析を行い、ターンごとの優勢度をグラフで表示する機能も搭載している。なお「ゼノンザード」に搭載されるカードバトル特化型AIは、HEROZ株式会社が開発を担当。同社はプロ棋士とAIが対局する「将棋電王戦」で、プロ棋士や名人に勝利した将棋AIを開発するメンバーが複数所属していることで知られている。

AIとの対戦・共闘、そして育成

これまでのカードゲームでCPUと対戦する際は、どうしてもCPUがパターン化されてしまっていた。しかし膨大なデータを自分で生成し、学習・成長するカードゲーム特化型AIとの対戦では、まるで人間を相手にしているかのような感覚を味わえる。

またほかのプレイヤーと対戦する「ランクマッチ」では、人間ではなく相手のプレイヤーがバディとしているAI「コードマン」と対戦することになる。「プレイヤーA vs プレイヤーBのコードマン」と「プレイヤーB vs プレイヤーAのコードマン」が同時に行われるのだ。そして例えば自分のコードマンが敗北していた場合、プレイヤーはグラフで劣勢になったターンを確認し、途中からリプレイして観戦することも可能。これによりコードマンの敗北原因を学ぶことでプレイヤーは上達し、またその上達したプレイをAIが模倣することでコードマンも強くなる。これが「ゼノンザード」のキャッチフレーズである「AIと共に、AIと闘う」ことの面白さだ。

オフィシャルサポーター・霜降り明星のMCによる番組も配信中!

ゲームのオフィシャルサポーターには、霜降り明星が就任した。この2人と石田晴香をMCに、ゲームの最新情報や攻略情報を伝える「ゼノンザード ネクストTV」がYouTubeの「ゼノンザード」公式チャンネルにて配信中。

スタッフ、キャストからコメント到着!

島﨑信長(「ゼノンザード THE ANIMATION」東蒼汰役)

島﨑信長

ゼノンザード正式サービス開始おめでとうございます!
『ゼノンザード THE ANIMATION』主人公の高校生・東蒼汰を演じる島﨑信長です。
…ゼノンザードを早くやりたい!
このコメントをしている現在はまだサービス開始前なのですが、僕自身もすごくプレイしたいです。
プレイする方はランクマッチなどで僕とマッチングする機会があると思いますので、「島﨑信長」というプレイヤー名ではないと思いますが、ゲーム内で出会った時はぜひよろしくお願いします!
僕が演じる蒼汰はアニメのみに登場するキャラクターではありますが、「プレイヤー」ということで、皆さんと一番近い立場のキャラクターです。
彼はゼノンザードが大好きで、バディAIのアイリと共にトラウマを乗り越え、「ゼノンザードって楽しい、大好きだ!」という熱い気持ちを吐露するという場面があります。
ゼノンザードをこれから大好きになってくれる皆さんも、アニメを見て、気持ちを高めていただいて、ゲームを楽しくプレイしていただければと思います。

早見沙織(アイリエッタ・ラッシュ役)

早見沙織

ゼノンザード正式サービス開始おめでとうございます!
看護師AIアイリエッタ・ラッシュを演じさせていただきました、早見沙織です。
アイリエッタは見た目もクールで感情が表に出にくく常に冷静なのですが、実際にゲームをプレイしてみるとプレイヤーに合わせて成長してくれたり、また違った一面が見られるギャップがあるのでは…と思わせてくれる奥深いキャラクターです。
さらにアニメでは、映像で動くアイリエッタを観ることができます。
ゲームとはまた違った表情や、何より動いて、色が付いて、揺れているアイリちゃんがとってもかわいいので、ぜひ周りの方々と一緒に観てみてください!
まだ明かされていない設定やストーリーもゲームやアニメの中で明らかになっていきますので、ゲームではぜひアイリエッタをバディに選んでいただき、楽しんでいただければと思います。

上遠野浩平(原案・世界観設定)

いよいよゼノンザードの冒険がはじまります。出番を待つ様々なコードマンたちが皆様と出逢えるのを楽しみにしていることでしょう。未知なるAIキャラクターを創造すべく考案した彼らには、それぞれ個性的な特性を色々と付与しようと試みましたが、しかし彼らに真の個性を与えるのは、やはりゲームをプレイするあなたなのです。あなたとの交流によってコードマンたちは成長していくのです。そして今回のアニメ版でもお分かりの通り、素晴らしい声優の方々によって生命を吹き込まれた彼らは考案した作者の思惑さえも超えて、まったく独自の感触を創造することになるでしょう。新世代のゲームが誕生するところを是非、その眼でお確かめください!

及川啓(「ゼノンザード THE ANIMATION」監督)

今作で特にこだわった部分は、バトルシーンの映像と音楽のシンクロです。
本来テレビシリーズなどではあまり行われない手法なのですが、「ゼノンザード THE ANIMATION」では、バトルシーンの尺を先にまず決めてから、各シーンにぴったりと合うように音楽をつけていきました。
これによって、バトルシーンと曲とがうまくシンクロし、「ザ・ゼノン」の壮大なイベントのイメージ、またシーンに疾走感を表現できているのではないかと。とても苦労した部分ではありますが、大変良い仕上がりになりましたので、ご満足いただけるのではないかと思います。
また、今回のアニメーションでは、ゲームにも登場するAIであるコードマン、「アイリエッタ・ラッシュ」と「アッシュ・クロード」にスポットが当たっています。
この2人を、アニメを視聴していただいた方達に、ゲームをプレイする時のパートナーとして選んでもらえるようにと気遣いました。
特にアイリは、キャラクターの元々の性格を極力崩さないギリギリのラインで、面白おかしく魅せられるようにしています。
是非、「ゼノンザード THE ANIMATION」をご覧いただいて、楽しんでいただけたら幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。