お笑いナタリー

大惨事!ヌーディスト芸人、AGE-MON STAGEを凍らせる

34

本日7月17日に開幕したお笑いフェス「LIVE STAND 2010」のAGE-MONSTAGEにて、ヌーディスト芸人たちが一堂に会するイベント「ようこそヌーディスト芸人の間へ」が行われた。

出演者は、司会進行の世界のナベアツ、たむらけんじのほか、なかやまきんに君インポッシブルニブンノゴ!宮地、アホマイルド、Bコース・ハブ、レイザーラモン、増谷キートン森三中・黒沢、サバンナ八木、庄司智春、シルクという面々。KAWAKI-MON STAGEで人気を集めた「レッドシアター」ステージの真裏で行われたこのイベントは、「みなさん伝説を作りましょう!」という世界のナベアツの一声からスタートした。

トップバッターを飾ったのは、アメリカでの筋肉留学から一時帰国中のなかやまきんに君。「アメリカがまったく合わずに6キロ痩せました!」と自虐ネタを交えながら、BON JOVIの「It’s My Life」や「Runaway」に合わせてボディビルダーのように筋肉をアピールし、いきなり会場をざわつかせていた。続く大西ライオンは、おなじみ「ライオンキング」の歌を熱唱。インポッシブルは、巨大な昆虫と戦うコントを全力で披露し、ニブンノゴ!宮地は手元のチャイムを鳴らしながら時間の許す限り一発ギャグを次々に繰り出した。

この時点で首をかしげながら別のステージに向かう女性客の姿がチラホラと現れ始め、追い打ちをかけるように、「キン肉マンマリポーサ」ネタのアホマイルド、「体トランスフォーマー」として人間の部位を体全体で表現したBコース・ハブが続くと、場内のざわつきはMAX状態に。たまらず司会のたむけんが客に向けて帰らないように釘を刺すと、ナベアツも「入り口のシャッターを閉めろ!」と同調した。

後半戦では、このところピンでの活動が目立つレイザーラモンがコンビ揃って登場。粉砕骨折による休業から復帰したばかりのHGは、新たなキャラクター「HL(=ハード・レズビアン)」をステージでお披露目した。RGが「F1グランプリ」のテーマ曲「TRUTH」を大熱唱する脇でHLが延々腰をグラインドさせ続けるというシュールな芸で、みるみるうちに会場後方がスカスカの涼しい状態に。さらに追い打ちをかけるように増谷キートンは、ホモセクシャルを暗示する「兄貴」という演歌を熱唱。「今日はホモの歌を歌いにきました!」と爽やかに宣言し、空間を大きく歪ませていた。

どんよりとしたムードを吹き飛ばしたのは“千手観音かずこ”こと森三中・黒沢による「キューティーハニー」。「♪ピアノ、ピアノ、ピアノ弾けたらイヤーン」と大熱唱して会場を大きく盛り上げた。さらにサバンナ八木のギャグ10連発&アンコール、庄司智春のベビーオイル塗り&ミキティーコールが続き、ラストを飾るシルクのダンスショーへ。“うわさ年齢50歳”のシルクは、華麗な踊りとともに、事前予告通りTバックを大胆に披露。年齢を感じさせないその肉体を前に、会場からは大きな歓声が上がった。

ナベアツの宣言通り、「伝説」となった今回のステージ。終演後の会見では「会場ではあまり笑いがなかったけど、DVDが発売されたらぜひ深夜の4時くらいに見てください。絶対面白いはずです!」と庄司が懸命にアピールしていた。

お笑いナタリーをフォロー