お笑いナタリー

NSC東京21期の首席はゲイ漫才のギガスラッシュ!!「夢を見てるみたい」

133

左から福本愛菜、2丁拳銃、ギガスラッシュ!!、トレンディエンジェル。

左から福本愛菜、2丁拳銃、ギガスラッシュ!!、トレンディエンジェル。

昨日2月3日、NSC(吉本総合芸能学院)東京校のライブ「NSC大ライブTOKYO 2016」が東京・新宿文化センターにて開催され、ギガスラッシュ!!が優勝した。

「NSC大ライブ」はNSC在校生が1年の間に学んだ成果をネタに込めて白熱のバトルを繰り広げる卒業ライブ。昨年は東京でブッダマリア、大阪でセブンズセンスが優勝している。本年度はNSC東京21期生100組がライブに出演し、プロの芸人として巣立っていった。

2丁拳銃がMCを担当した決勝戦では、冒頭にブッダマリアが首席の証であるガウンを返還。続いて決勝進出者が発表されると、予選敗退者たちが爪痕を残そうと次々前へ。各々が自らのネタを交えながら悔しさをぶつける。その後、予選を勝ち抜いた16組のほか、ブッダマリア、相席スタート、ウエスP、ガリットチュウトレンディエンジェルが卒業生としてネタを披露した。

ギガスラッシュ!!は、ボケのマサルコがゲイであることを生かした漫才を展開。優勝者として名前が呼ばれると、マサルコは相方・ヤマトに抱き付いて喜びを表現した。彼らには特典として「4月の予定が全部うまっているスケジュール帳」が贈呈されている。

ライブ終了後、ギガスラッシュ!!は2丁拳銃、福本愛菜、トレンディエンジェルとともに取材会に出席。優勝した感想についてマサルコは「夢を見てるみたい。あんまり記憶がない。でも1年がんばってきてよかった」と述べる。一方のヤマトは「何度も折れそうになった。でも、そのたびに飲みに行って『大ライブで首席獲ろうぜ』と励まし合ってきた。だから今日また飲みに行きたい」としみじみ語った。

またマサルコは「ゲイっていうキャラが強すぎて、首席からは外されるんだろうなという思いが頭の片隅にずっとあった」と振り返る。しかしトレンディエンジェルのM-1優勝に励まされたようで、「イロモンでも(大会の優勝を)獲れるんだと思いました!」とコメント。2丁拳銃・小堀からは「先輩にイロモンって言うな!(笑)」とツッコまれていた。

なおNSC大阪校38期生が出演する「NSC大ライブOSAKA 2016」は、大阪・大阪国際交流センター 大ホールにて2月10日(水) に開催される。

※お笑いナタリー PowerPush 公開中!
トレンディエンジェルインタビュー NSC・YCC・YOEC特集

お笑いナタリーをフォロー