NSC大阪38期卒業、首席マイマイジャンキー「唯一無二の芸人になりたい」

161

昨日2月10日、NSC(吉本総合芸能学院)大阪校のライブ「NSC大ライブOSAKA 2016」が大阪・大阪国際交流センター 大ホールにて開催され、トリオ・マイマイジャンキーが優勝を飾った。

「NSC大ライブOSAKA」の様子。

「NSC大ライブOSAKA」の様子。

大きなサイズで見る(全11件)

左から8.6秒バズーカー、マイマイジャンキー、ダイアン。

左から8.6秒バズーカー、マイマイジャンキー、ダイアン。[拡大]

98組がネタを披露し、その中からトップ20組が決勝に進出。マイマイジャンキーは、密室に閉じこめられた男と犯人の攻防を描いたコントで勝利をもぎ取った。ライブ後の囲み取材にはマイマイジャンキーと、決勝のMCを務めたダイアン、NSC卒業生代表の8.6秒バズーカーが出席。マイマイジャンキーはそれぞれ目標の芸人について「いないです。唯一無二の芸人になりたい」「ダウンタウンさん」「POISON GIRL BANDさん。お2人の漫才のあの雰囲気を、コントで出せるようになりたい」とコメントし、8.6秒バズーカーからここ2年の首席卒業者が芸人を辞めたり解散したりしているという事実を告げられても「僕らは解散せずにがんばります」と宣言した。

マイマイジャンキーには「4月の予定が全部うまっているスケジュール帳」が贈られた。

マイマイジャンキーには「4月の予定が全部うまっているスケジュール帳」が贈られた。[拡大]

熱戦を間近で見守ったダイアン西澤は「みんな堂々としていた。僕らのときは前を見られなかったり、ガチガチの人も多かったんですけど、皆さん躍動感がすごかったです」とレベルの高さに驚いた様子で、津田は「誰が優勝してもおかしくないぐらい、みんな上手でした。スーを差し上げます!」と後輩たちの健闘を称える。8.6秒バズーカーはハードスケジュールを乗り切るアドバイスとして「感情を殺すこと。『はい、わかりました。やります』を口癖に」(田中シングル)、「時間に身を任せて」(はまやねん)という言葉を送った。

「NSC大ライブ」はNSC生が1年の間に学んだ成果をネタに込め、“首席卒業”を賭けて争うネタライブ。優勝者には恒例の「4月の予定が全部うまっているスケジュール帳」が贈られる。去る2月3日には「NSC大ライブTOKYO」が実施され、ゲイのキャラクターを生かした漫才でギガスラッシュ!!が東京21期生の頂点に立った。

この記事の画像(全11件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

ダイアンのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ダイアン / 8.6秒バズーカー / かまいたち / 令和喜多みな実 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。