お笑いナタリー

「オンバト」15年の歴史に幕

1816

「オンバト+」(NHK総合)が3月22日(土)深夜の放送をもって終了することが、本日1月23日に明らかとなった。

1999年3月に「爆笑オンエアバトル」としてスタートし、現在では「オンバト+」に名前を変えて放送中のオンバトが、15年の歴史に幕を下ろす。「史上もっともシビアなお笑い番組」と銘打たれ、オンエアされるネタが観客投票によって決まる画期的なシステムが人気を集めた。

レギュラー放送は3月8日(土)深夜に最終回を迎える。3月15日(土)深夜には、「爆笑オンエアバトル」時代にチャンピオンに輝いたこともあるタカアンドトシと柴崎行雄アナウンサーが司会の「オンバト最終章 チャンピオン大会直前 15年間ありがとうスペシャル」が放送され、オンバトに出演した多くの芸人が登場。3月22日(土)深夜の最終回では、同じくタカトシと柴崎アナ司会のもと「オンバト+ 第4回チャンピオン大会」が届けられる。

番組オフィシャルサイトには「オンバト+」スタッフ一同の名義で「今後も若手芸人を応援、発掘するネタ番組を企画制作していきます」といったメッセージが掲載。オフィシャルTwitterでも「4月からしばらくの間、若手中心のネタ番組はNHKから姿を消しますが、きっと新しい番組で戻ってきます! 少しだけ待っていてください」と記されている。

お笑いナタリーをフォロー

  • 読者アンケート実施中【お笑いナタリー】