ナタリー PowerPush - SWIM SWEET UNDER SHALLOW

テンションの低い2人が作る“ドメジャー”な音楽

SWIM SWEET UNDER SHALLOWが3rdアルバム「focus」をリリースした。彼らにとって前作「moslight passion」から約2年半ぶりのフルアルバムとなる今作には、タナカヒロキとヨシダミドリによる男女のツインボーカルと、浮遊感のあるギターサウンドが印象的な10曲が収められている。

演奏はもちろん、レコーディングやマスタリング、ジャケットデザインからビデオクリップ制作まですべてメンバー2人で手がけている彼ら。ナタリー初登場となる今回、「だんだん関わる人が減ってきてる」という2人に、バンドのこれまでの経緯や今作に込めた思い、「テンションが低い」「平熱」と評される自身の楽曲などについて、たっぷりと語ってもらった。

取材・文 / 小林千絵 インタビュー撮影 / 中西求

 
mixiチェック

ほかに合う人がいないから2人で

左からヨシダミドリ、タナカヒロキ。

──ナタリー初登場となるので結成の経緯から教えてください。ヨシダさんがメンバー募集をしたのがきっかけなんですよね?

ヨシダミドリ そうです。インターネットと楽器屋の貼り紙とかで。「シンプルなロックをやりたい」って書いて(笑)。

──タナカさんは「シンプルなロック」に惹かれて?

タナカヒロキ それは覚えてないですね(笑)。書いてあった好きなバンドを見て、まあいいかなと。

──ちなみにどういうバンドを?

ヨシダ スーパーカーとかマイブラ(My Bloody Valentine)とか。

──応募してきたのはタナカさんだけだったんですか?

タナカ いや、最初はメンバーが4人いたんですよ。すぐ崩壊しましたけど(笑)。

ヨシダ 2人が辞めちゃったんです。

──どうして辞めちゃったんですか?

ヨシダミドリ

タナカ なんで辞めたんだっけ? たぶんなんか気に食わなかったんでしょうね。まあこっちからも合ってる感じはしなかったですし。そもそも「こういう感じでやりたい」っていうのが合う人がほかにいないんです。

──2人になったときに終わりにしようって思わなかったんですか?

タナカ それはまったく思わなかったですね。メンバー募集はもうやめようと思いましたけど。

──2人でやることに不安とかは……?

ヨシダ 全然なかったです。

タナカ なんでもできると思ってた。曲もこの2人が作ってるし、面白そうだなって思ってました。

3rdアルバム「focus」を作るために1st、2ndを作った

──今作「focus」はどういうコンセプトで作られたんですか?

ヨシダ 1stアルバム(「elephantic」)を2011年に出したんですけど、実はそれを作る前から今作に収録されている曲がありまして。3rdアルバム(「focus」)を出すために、1stアルバム、2ndアルバム(「moslight passion」)を出したという感じです。ずっと前から計画してました。

タナカ 収録曲のうち半分は1stアルバムを作ってたときからあった曲で、その曲が入るアルバムを作れるようなレベルに早く到達しようというのがその頃から目標だったんです。

──その頃からできていた曲というのは?

タナカ 「McKinley」「Safari」「Madras」「waterfall」「Crawl」です。

──それは1stアルバム、2ndアルバムには入れられなかったんですか?

左からヨシダミドリ、タナカヒロキ。

タナカ 曲が作品に合わなかったんですよね。1stアルバムは初々しくてつたない感じというか。2ndアルバムはもうちょっと地味で。それに比べて、この5曲は使ってる音とかフレーズがだいぶ違ってて合わないかなと。この5曲に合う曲を足してアルバムを作ればいい作品になるんじゃないかなとずっと思ってたんです。「focus」というタイトルもなんとなく考えてありました。

──1stアルバム、2ndアルバムは作らずに最初からこの5曲に合う作品を作るという発想にはならなかったんですか?

タナカ 1stや2ndの曲も、それはそれで好きだったんで出したかったんです。でもそれは僕らの中では、今回の5曲より音楽性が進んでないっていうか戻ってる印象があって。だから2ndアルバムと逆になってはいけなかったんです、絶対。

──今回新しく作った5曲はどうやって出てきたんですか?

ヨシダ アルバムの雰囲気に合わせて作りました。

タナカ 聴く人によっては3枚ともあんまり変わらないかもしれないんですけど、僕らの中では1枚目の雰囲気、2枚目の雰囲気、3枚目の雰囲気っていうのがあって、その3枚目の雰囲気に合う曲をなるべく作ってきたって感じです。

ニューアルバム「focus」2014年5月14日発売 / 1944円 / hiraoyogi record / CARP-005
CD収録曲
  1. McKinley
  2. Safari
  3. Madras
  4. Goethe
  5. waterfall
  6. vivaldi festival
  7. dokomademo
  8. cacotopia
  9. sustain, sustainer
  10. Crawl
SWIM SWEET UNDER SHALLOW(スイムスイートアンダーシャロウ)

タナカヒロキとヨシダミドリによる2ピースバンド。浮遊感のあるギターサウンドと男女ツインボーカルを特徴とする。2011年1月に1stアルバム「elephantic」、同年11月に2ndアルバム「moslight passion」を発表。その後マイペースに活動を続け、3曲入り音源「Safari e.p.」「Madras e.p.」「Background Music e.p.」を配信リリースする。2014年4月には3曲入りのシングル「Background Music e.p.」を無料配信し、同年5月に待望の3rdアルバム「focus」を発表。