音楽ナタリー Power Push - nagomix COUNTDOWN 2015-2016

年末年始は新宿で朝までパーティ nagomixに集う演者4人の座談会

12月31日に東京・新宿BLAZEにてカウントダウンイベント「nagomix COUNTDOWN 2015-2016」が開催される。

渋谷にあるクラブ・nagomix渋谷が主催するこのイベントにはATOLS、ヒゲドライバー、うぃにゃん、ZANIO、Noriken、全農連Pなど数々のDJやボカロP、音楽ゲームのトラックメイカーなどが出演する。音楽ナタリーではイベントの開催を記念して、出演者であるATOLS、ヒゲドライバー、ちたま、yksbをnagomix渋谷に集めて座談会を実施。2014年8月にオープンしたnagomix渋谷の魅力やカウントダウンイベントへの意気込みなどを語り合ってもらった。また特集後半には出演者たちのコメントを掲載している。

取材・文 / 倉嶌孝彦 撮影 / 上山陽介

 
mixiチェック

とにかく雑食、リズムに飢えてる

──本日は皆さんが定期的にパフォーマンスを実施しているnagomix渋谷にお集まりいただきました。先ほどnagomix渋谷のオーナーである藤野(雄介)さんに機材などの紹介をしていただいたのですが、ステージに立つ皆さんにとってこの会場はどういうところが魅力的ですか。

左からATOLS、yksb、ヒゲドライバー、ちたま。

ATOLS やっぱり音ですね。初めてここでプレイしたときに思ったことは、スピーカーとか設備がよくて、とにかく音がいいということでした。

ヒゲドライバー そうですね。パリッとしたいい音が鳴ってます。

yksb フロアに立って、長時間大きい音を聴いていても耳が疲れない。小さい音でも十分に音圧を感じられるけど、耳に優しい感じですね。

ちたま 私の知り合いのDJさんが、nagomix渋谷へ遊びに来てくれたときの感想が、「めっちゃ音よかったね」って感想だったから、ハコとしての音の良さは間違いないと思う。

──この会場ならではのお客さんの反応とかは感じてますか?

ちたま 私は静岡を拠点に活動しているので、nagomix渋谷のオープニングパーティに呼ばれるまで東京でDJをする機会ってあまりなかったんですよ。だからここで最初にDJしたときは、皆さんがすごく温かく迎えてくれたのが印象的でした。

──どういうところに温かさを感じましたか?

ちたま 音楽とかアニメとか、いろんな文化に慣れているし、肥えているからか、どんな選曲でも盛り上がってくれるんですよね。

──地元とはちょっと反応が違うんですね。

ちたま

ちたま そもそも静岡ってあまりアニメをやってないから、最新のアニソンを流しても一部のお客さんしか盛り上がってくれないんです。しかもアニソン好きはアニソンに特化してるから、EDMとかテクノを流しても「ポカーン」ってなっちゃいますし。でも東京の方々はアニソンがベースにありつつも、クラブミュージックも知ってるぜ、みたいな感じというか。例えば知らないアニソンのリミックスをかけたとしても、四つ打ちっていうベースがあるから踊れちゃう、みたいな。

ヒゲドライバー 知らない曲のリミックスなのに踊れちゃうのって、すごいことだよね。

ちたま とにかくリズムに飢えてるからいろんな曲で盛り上がってくれる。うれしいですね。

──yksbさんはnagomix渋谷ならではのお客さんの反応とかって感じたりしてますか?

yksb とにかくお客さんが雑食な印象ですね。ホントに飢えてます(笑)。とはいえ、食いつかないときは食いつかないから、お客さんとの駆け引きもあって楽しいんですよ。エントランスで休憩してる人が走ってきたら「よっしゃ」って思うし。ドアの光が漏れてお客さんが出て行くとちょっとガッカリする。わりとフロアの反応はうかがってますね。

ヒゲドライバー 僕はこの会場だと選曲で少し遊ぶんです。ほかの会場だと僕のことを初めて見るっていう人もけっこういたりするから、一般ウケしそうなものを放り込むんですけど、ここは定期的に来てくださる方が多いですから。もっと遊んだことして、楽しんでもらおうと思いまますね。

ATOLS やっぱりレーザーが導入されてから視覚効果的な面でも素晴らしいハコになりましたね。この規模でここまでのレーザーが飛ばせる会場って、たぶんほかにないと思います。

クラブというより同人イベントのノリ

──nagomix渋谷では毎週日曜日の午前中から「Sunday nagomix」というイベントが実施されています。

ATOLS 以前はDJイベントってオールナイトが普通、みたいな風潮があったんですけど、最近は昼間にやるイベントもけっこう増えてきて。私はオールが苦手な人間なので、昼間のイベントはありがたいですね。元気にやれます。

ヒゲドライバー

ヒゲドライバー アニソンとかボカロ曲をかけるような、若い子たちも健全に入れるようなクラブみたいなのがどんどん増えてる。そういう流れは大歓迎ですね。

ちたま クラブイベントというより、オタクの同人のイベントみたいなノリでやってる感じですよね。

──そういえばnagomix渋谷にはバーカウンターがないんですよね。

ちたま バーカウンターがないのは困ることもあって。テキーラが飲めないんですよ!

──(笑)。閉店時間も早いですし、未成年のお客さんが入りやすい環境作りをしているのが特徴的だと思います。

東京・nagomix渋谷のステージ。

ヒゲドライバー この会場はお客さんとの距離感が近いのもいいですね。ステージから帰るときも絶対にフロアを通るんですよ。そこでお客さんとコミュニケーションを取ることもできますから。

ちたま ここは控室がないから、私たちもフロアでパフォーマンスを観るんです。それもいいことだなと思います。

──それとチケット代が安い。

ヒゲドライバー 安いというか、「勝手に入っていいよ」ぐらいの勢いなんですよね(笑)。

ちたま 「Sunday nagomix」は「nagomixのメンバーズカードがあれば無料」ってことが多いですからね。Twitterとか見てると「nagomix大丈夫なの?」ってめっちゃ書いてありますよ、藤野さん。

藤野雄介(naogomix渋谷 オーナー) かなり厳しいところはあるのですが、少しでも多くのお客さんにアーティストの方々やnagomix渋谷を知っていただけたらという思いで、努力しています。

nagomix COUNTDOWN 2015-2016
2015年12月31日(木)東京都 新宿BLAZE
START 17:00 / END 29:00
<出演者>
Iceon / ATOLS / いぬ / うぃにゃん / Xceon / Kanae Asaba / ZANIO / 白幡いちほ / すけっちP / Starving Trancer / SPACELECTRO / 全農連P / ちたま / DJ Tokunaga / DJ Noriken / ヒゲドライバー / baker / Polyphonix / mana / MARUDARUMA / yksb
※18歳以上入場可(18歳未満の入場には保護者による同意書、もしくは保護者の同伴が必要となります)
ナタリー読者特典

カウントダウンイベント無料招待!

カウントダウンイベント無料招待画面

※右の画像を受付の際にスタッフにお見せください。

※別途ドリンク代は必要になります。

ATOLS(アトルス)

ボーカロイドプロデューサー、DJ。2011年にニコニコ動画に投稿した楽曲「バベル」が10万再生以上され“VOCALOID殿堂入り”を果たす。作詞作曲はもちろん、イラストや映像も自らが手がけるスタイルで数多くの動画作品を発表している。2015年5月には7曲入りの音源「ATOLS/MIKU DET EP」をリリースした。

ヒゲドライバー

ロックバンド・ヒゲドライVANのボーカルを務めるほか、“ピコピコ音楽クリエイター”としても活動。アニソンを多く手がけ、中でもアニメ「機巧少女は傷つかない」のエンディングテーマ「回レ!雪月花」が大きな注目を集めた。自身名義の作品を発表しているほか、ゲーム音楽の制作やリミックス、アイドルの楽曲を手がけるなど幅広く活躍中。2016年1月に活動10周年を記念したベストアルバム「ヒゲドライバー10th Anniversary Best」をリリースする。

ちたま

イベントオーガナイザー、DJ。2010年に静岡県内でアニソンクラブイベント「だん☆れぼ」をスタートさせる。2013年1月には静岡・EttiにてボカロPを集めたイベント「VOCALO.BIT」を主催するなど、数々のイベントを企画しながら自身もDJとしてステージに立っている。

yksb(ワイケーエスビー)

ボーカロイドプロデューサー、DJ。2012年よりyksb名義で楽曲を発表し始め、「アッパーチューン」で“VOCALOID殿堂入り”を達成。2014年には音楽ゲームアプリ「SHOW BY ROCK!!」に、ボーカリストとのコラボユニット・yksb feat. MiLO×31STYLEとして楽曲提供をしている。