ナタリー PowerPush - 栄喜(hideki ex.SIAM SHADE)

「元気になれる音楽を」ソロ再始動を飾る新シングル

SIAM SHADEのボーカリストとして活躍した栄喜(hideki)が11月28日にシングル「栄喜e.p.」をリリースし、本格的なソロ活動を再開させる。全盛期のSIAM SHADEを想起させる、ダイナミックなハードロックサウンドとポジティブなメロディを軸にした本作からは、彼のロックシンガーとしての進化がはっきりと伝わってくる。CDリリース後は東名阪でツアーを開催。さらに来年にはフルアルバムの発売も決定。デビュー20周年を目前にした栄喜は今、新たな局面を迎えつつあるようだ。

取材・文 / 森朋之

 
mixiチェック

「やべ、音楽ってすげえかも!」

インタビュー写真

──まず、今回のソロ活動に至った経緯を教えてもらえますか?

ソロ活動をすること自体のきっかけは、今年の4月にDETROX(栄喜が在籍するハードコアバンド)を休止したことですね。かなりハードな音楽性だし、ちょっと疲れたというか、このあたりで少し時間を置こうかな、と。その後「ソロをやろう」と思って。

──ソロ活動のための楽曲は、それ以前から制作してたんですか?

曲自体は毎日のように作ってるんですけどね。多分、そのままやってたらDETROXに近いことをやってたと思うんですけど……。実は去年の10月、さいたまスーパーアリーナでやったSIAM SHADEの再結成ライブが終わった後、デビューから「SIAM SHADE III」までお世話になってたディレクターの方と話をする機会があったんですよ。「もう1回、ちゃんとSIAM SHADEをやらないか?」ということで。

──そのときの栄喜さんの気持ちとしては……?

こういう時期だからこそ誰かの役に立ちたいと思ったし、「このバンドで力になれることがあれば、全力でやりますよ」という感じでしたね。SIAM SHADEというバンドは、ずっとラブ&ピースを歌ってきたわけだし。そのときに「曲を書いておいて!」って言われたんです。まだ他のメンバーには全然話をしてなかったから、「(曲を書くのは)ちゃんと決まってからでもいいんじゃないか?」と思ったんですけど(笑)。ただ、まずは入口がないと始まらないですからね。

──SIAM SHADEで演奏することを前提とした曲作りが、ソロ活動につながっていった、と。

DETROXのときは“歌う”音楽はほとんど作ってなかったんですよ。あと、ある出来事があって、なかなか暗い思いが立ち切れない時期も続いていて……。多分、自分自身も少し病んでたというか、ロー気味に入っていたと思うんですよね。でも、SIAM SHADEといえば「明るくて元気が出る」という感じじゃないですか。明るい響きのコードを鳴らしながら曲を作っているうちに、倍音のせいかなんなのか、自分もだんだん元気になってきて。そのとき「あ、こういうことか!」って気付いたんです。大変な思いをしている人がいっぱいいるときに、暗くてヘビーな音楽はちょっとキツい。今の時代に必要なのは、ただただ元気になれる音楽じゃないかって。

──まず、栄喜さん自身がポジティブな音楽を欲してたのかも。

そうかもしれないですね。曲を作りながら「やべ、音楽ってすげえかも!」って思いましたから(笑)。久しぶりにポップな曲を作って、すごく楽しかったし。そこからアルバム1枚分くらいの曲を一気に作って……。DETROXの曲も、歌詞の内容はかなり前向きだったんですよ。でも、サウンドはかなり不安になるような感じもあったので。楽曲の世界観って、音の雰囲気でほとんど決まると思うんですよね。たとえメッセージが前向きだったとしても、サウンドがダークだったりすると、どうしても暗くなるというか。自分自身もそこで食われちゃってたのかもしれないですね。ダークな気持ちになりたいときは、ぜひDETROXを聴いてください(笑)。

栄喜e.p. ワンマンツアー ~Start~

2012年12月10日(月)東京都 LIQUIDROOM ebisu
OPEN 18:00 / START 19:00

2012年12月19日(水)大阪府 梅田Shangri-La
OPEN 18:30 / START 19:00

2012年12月20日(木)愛知県 名古屋ell FITS ALL
OPEN 18:30 / START 19:00

栄喜 (ひでき)

栄喜

1972年生まれ、東京都出身の男性シンガーソングライター。1993年にロックバンドSIAM SHADEを結成し、1995年にメジャーデビューを果たす。1997年リリースの「1/3の純情な感情」をはじめ、さまざまなヒット曲を発表しアリーナクラスを中心としたライブ活動を展開するが、2002年3月の日本武道館ライブを最後に解散。その後はソロ活動を行い、2007年にはハードコアバンドDETROXを結成する。2011年には東日本大震災被災地復興支援活動の一環としてSIAM SHADEの再結成ライブを行い、大きな話題を呼んだ。2012年4月にDETROXの活動を休止し、再びソロでの活動に専念する。2012年11月、ニューシングル「栄喜e.p.」をリリース。