ナタリー PowerPush - HARISS

ロカビリー×パンク 新作は容量ギリギリCD-EXTRA

元PEALOUTの高橋浩司(Dr)とロカビリーバンドSIDE-ONEのAKIRA(Vo, G)が所属する4人組バンドHARISSが、約4年ぶりの新作「BELIEVE US」をリリースした。本作は新曲4曲を中心にビデオクリップやライブ映像、イラスト集やフォトギャラリーをCD-EXTRAの容量ギリギリまで詰め込んだ、バンドの名刺代わりの作品だ。

なぜこのタイミングで名刺代わりの1枚なのか? そしてメンバー全員がキャリア十分なこのHARISSというバンドのオリジナリティはどこにあるのか? 本作が第1弾となる新レーベル「LookHearRecords」の主宰も兼ねる高橋とメインソングライターのAKIRAに話を訊く。

取材・文 / 石角友香 インタビュー撮影 / 福岡諒祠

 
mixiチェック

PEALOUTから距離があるほうが面白い

──今回はナタリー初登場ということもあり、HARISSというバンドのこれまでについてもお訊きしたいんですが、まず出会ったきっかけは?

インタビュー写真

高橋浩司 きっかけはPEALOUTの解散が決まっているのを知ってた共通の知人が、「もし今後バンドをやることを考えてるんだったら会ってほしい人がいるんだけど」と言ってくれて。僕は解散後もドラムはずっと続けたいなと思ってたんで、最初セッションみたいな形でスタジオに入ったんですよ。そしたら彼(AKIRA)が持ってきたデモテープに感銘を受けて「あ、この人とやりたいな」と思って。

AKIRA 僕はPEALOUTが解散する前に1回だけ高橋くんとDJイベントで一緒にやったことがあったんですけど、そのとき彼がかけてる曲がオールジャンルだったんですよ。ロカビリーもパンクもオルタナも全部、ごっちゃにかけてるんですけど、選曲がツボに響いて。しかもヒルビリー・バップスもかけてたよね?

高橋 それ、覚えてる(笑)。

AKIRA PEALOUTにはオルタナなイメージがあったんで「あ、そういうのも好きなんだ」と思って、「なんか合いそうだな」という印象を持ってましたね。

──イメージとしてはそれこそオルタナ感のあるPEALOUTのドラムだった高橋さんとロカビリーバンドのSIDE-ONEのAKIRAさんって、畑は全然違いますよね。

高橋 僕はむしろなるべくPEALOUTから距離があるほうがいいかなと思って。「なんでここでやるんだろう?」ぐらいのほうが面白いというか。ジャンルが一緒だったらわかりやすいとは思うけど、そこをあえてウッドベースの人とリズム隊を組む面白さは意識してましたね。

CLUB Que二位店長とレーベル始動

──そして今回のパッケージは「CDVマガジン」と銘打ったユニークなものですね。

AKIRA バンドにとってはしんどい時期が続いて、もう「続けるか否か?」っていうような4年間になりつつも、やっぱり続ける決心をしてから新曲がどんどんできてきて、せっかくここまで作ったんだったらいい形で出したいっていうのがメンバーの中にもあって。で、リリースを模索していくうちに今回の新しいレーベルの話をいただいて、「もうこれは絶対ここで出したい!」と。

──高橋さんはレーベル自体も任されてるんですよね。

高橋 そうです。下北沢にあるCLUB Queの店長の二位(徳裕)さんとタッグを組んで。ミュージシャンがいいバンドを伝えるべくレーベルをやっているということがちゃんと世間に伝わるようにやっていきたいと思っています。

──このレーベルからリリースする必然があると。

インタビュー写真

高橋 CLUB QueはHARISSがホームグラウンドにしているライブハウスで、そこで僕は二位店長と話すことが多いんですけど、なかなかこのご時世、CDが売れないとか、CDを売るお店自体少ないとか、バンドも自分でCDを出すことを躊躇してる人たちが多くて。パッケージとしての魅力をどんどんみんなが感じなくなってきてるけど僕たちはやっぱりパッケージ世代だし、なんとか形にしたいというか、音以外の部分も含めてひとつの作品にしたいね、っていう話をしてたんです。

──バンドもやっぱり躊躇してるんですか。

高橋 そうなんですよ。僕は対バンの人からそう聞くし、二位店長もライブハウスの現場でそういう声を聞く。「それはやっぱ悔しいよね」って話をしていて。僕らはこれまでどれだけCDやレコードで感動してきたか。それで今これだけネットでいろんなものが流通してる時代に、今一度パッケージの素晴らしさにこだわってみようってことになって、それだったらCD1枚に……今は普通にCD出しても「ただのCD」になっちゃうので、ライブ映像も観られるし写真のサイトに飛べたり、とにかくCD1枚でそのバンドなり、バンドを取り巻くカメラマンなりイラストレーターなりデザイナーなり、アーティストみんなの顔が見えるような作品ができたら面白いんじゃないか?っていうところで今回みたいなパッケージにつながったんですね。

──AKIRAさんは今回のやり方についてどう思いましたか?

AKIRA 今、誰もやってないことだっていうのがいいなと思って。HARISS自体もウッドベースを使ってるのに単純なロカビリーだけじゃない音も出してるので、周りにないものを目指してるところがあるんですよね。ただ、それも含めて道なき道を行ってるバンドなんでしんどいところがあったりするんですけど(笑)。今回の話では、二位さんも冒険心の強い人だから、彼が「面白いことやろうぜ」っていうのに僕らも乗っちゃおうぜって感じで行けたんですね。

──いいタイミングだったと。

AKIRA そうですね。しかもレコーディングも初めてのやり方で。ライブハウスに機材を詰め込んで、レコーディングをしながらその様子も撮るっていうですね、レコーディングしてんのかPV撮ってんのか僕らもよくわかんないな、みたいな(笑)。いろいろ初めてやる戸惑いもあったんですけど、全部やってみてできあがってみて、「他にこういうのはないな」と実感して、やってみて良かったし、意味があるんじゃないかと思いますね。

──私もこのCDをパソコンに入れてみて、いろんなコンテンツが現れる感じにワクワクしました。

高橋 うれしいなあ。僕なんかは基本的にはレコード世代なんで、針を落とす感覚っていうのはすごく大事なんですよ。その感覚が今はパソコンにCDを入れることというか。でもCD-EXTRAにする作業ってやらないといけないことがいっぱいあって、今なぜCD-EXTRAが衰退しちゃったのかわかるぐらいめんどくさいことがいっぱいあるんです。DVDに映像を収録するのに比べたら全然大変ですね。容量も限られてるし。でもレーベル第1弾としては、CD1枚に詰め込むというのが大事だし意志表示でもあるし、バンドの名刺代わりでもあるので、このカタチは必然だったというのはありますね。

ニューアルバム「BELIEVE US」 / 2012年11月7日発売 / 1575円 / LookHearRecords / LHRUK-1977
ニューアルバム「BELIEVE US」
収録内容
MUSIC TRACK
  1. BELIEVER
  2. BANG!
  3. CO2
  4. TWISTIN' DISCOTHEQUE
MOVIE TRACK
  1. LOSER(LIVE MOVIE)
  2. LADY BIRD(MUSIC VIDEO from "ROCKIN'BROADWAY" original motion picture)
  3. AKIRA and SEIJI TALK ABOUT GUITARS
HARISS(はりす)

AKIRA(Vo, G)、SEIJI(G)、YUJI(B)、高橋浩司(Dr)からなる4人組ロックバンド。高橋浩司が所属していたPEALOUTの解散後、2005年に結成。ライブを中心に活動し、2007年3月に1stアルバム「POP SAVE US」を発表。2012年11月には高橋率いる新レーベル「LookHearRecords」からCD-EXTRA仕様の新作「BELIEVE US」をリリースした。