音楽ナタリー PowerPush - フジファブリック

音楽をやるために生きている 10周年で思う“LIFE”の意味

デビュー10周年を迎えたフジファブリックが、前作「VOYAGER」以来、約1年半ぶりとなるニューアルバム「LIFE」をリリースした。タイトルの通り、人生、生活、命をテーマに掲げた本作は、普遍的なメッセージと音楽的な探究心がひとつになった充実作に仕上がっている。

今回ナタリーでは、メンバーの山内総一郎(Vo, G)、加藤慎一(B)、金澤ダイスケ(Key)にインタビュー。「LIFE」の制作プロセスと武道館公演を含む全国ツアーなどについて聞いた。

取材・文 / 森朋之 撮影 / 小原啓樹

 
mixiチェック

「大傑作、完成!」

──前作「VOYAGER」から約1年半ぶりのアルバムリリースですね。この1年半も精力的な活動を続けていたので、あっという間だったと思うのですが。

山内総一郎(Vo, G)

山内総一郎(Vo, G) そうですね。「VOYAGER」のツアーがあって、「FAB STEP」(2013年10月に発表された4曲入りCD)をリリースして、ライブハウスツアーをやって。今年に入ってからはシングルを2枚(「LIFE」「ブルー / WIRED」)を出してますからね。もはや時間の感覚もないというか、もう今年が終わりそうな感じがする(笑)。

加藤慎一(B) それ、よく言ってるよね。

山内 6月までは“ずっと正月”みたいな感じだったんですけどね。

──(笑)。今年前半は時間が止まってたんですか?

山内 「FAB STEP」のツアーのあと、ずっと制作をやってたんですよ。半年くらい?

加藤 うん。

──「このタイミングでじっくり曲作りをやりたい」という意思のもと?

山内 いや、そうでもなくて、たまたまなんですけど(笑)。もちろん「このあたりでアルバムを出しましょう」っていうリリースの目安はあったんですけど、それとは関係なく、曲をたくさん作りたくなって。去年の暮れから4月くらいまでは曲ばっかり作ってましたね。

加藤 そういう時間はひさしぶりでしたね。

山内 それでもあっという間でしたけどね。いつか、もっとじっくり時間をかけて制作したいという気持ちもあるし。時間だけあっても、やる気がないとダメなんだけど。

──制作に時間をかけた効果は、明らかに出てると思います。今回のアルバムはフジファブリックの最高傑作じゃないかな、と。

山内 やった! イエーイ!!

金澤ダイスケ(Key) ありがとうございます。

山内 それ、ドカーンと書いておいてくださいよ。「大傑作、完成!」って。

アナログテープの恩恵

──音がめちゃくちゃいいですよね。すべての楽器の音がクリアだし、ライブ感もすごくあって。

山内 今回、アナログでレコーディングしたんですよ。ずっとやりたいと思ってたんですけどね。

──アナログレコーディングは初めて?

山内 いや、デビュー当時はアナログだったんです。そのときはよくわかってなくて、「スタジオにある機材を使って録ってるんだろうな」くらいに思ってたんですけど(笑)。でも、それから10年経って、自分たちの好みがわかってきたんですよね。やっぱりアナログで録った音が好きだなっていう。例えばシンセを使ったバキバキの曲でも、アナログで録ることによってパンチが増したり、音が太くなったりするので。

加藤 そうだね。

山内 もちろんPro Toolsも便利なんですけど、24トラックしかないアナログもいいんですよ。“その中ですべてを収める”っていう感じが。

──当然、入れる音を精査するわけですよね。

山内 そうですね。「これ、とりあえず入れとく?」みたいなのはなくなりました。「絶対、これしかない」と思う音しか入れてないというか。だから自然とシンプルになりますよね。

金澤 アナログだとキーボードもギターも、すべての楽器の音が違ってきますからね。音の温かさが増すのがやっぱりいいし、あとから直せないっていうのもいいんですよ。「まあ、いいか」って、いい意味で割り切れるというか。実際、音決めが終わったら、すぐに録り終わりましたからね。

山内 “昔っぽい音がいい”ということではなくて、自分たちにとっては(アナログのほうが)普通な感じなんですよね。普段、リハーサルで出している音を脚色なしで録れるというか。それがアナログテープの恩恵だと思います。

金澤 そうだね。

──そういえば先日、The Beatles「MONO LP BOX」の試聴会に参加したんですけど、「実際にスタジオで鳴ってた音も、こういう感じだったんだろうな」と思えたんですよね。ファルセットで歌うと声が細くなったり、ギターソロの最初のフレーズはピッキングが強かったり。演奏していると普通に起こることが、はっきり感じられるというか。それは「LIFE」も共通してるんじゃないかな、と。

山内 そうですよね。例えばコーラスにしても、1人ずつ録るとトラックが足りないから、みんなで一緒に歌うんですよ。高いパートはマイクから離れたり、低いパートの人は近づいたり、距離を測るところか始めるんですけど、その感じもわかってもらえるんじゃないかな。

ニューアルバム「LIFE」 / 2014年9月3日発売 / Sony Music Associated Records
初回限定盤 [CD+DVD] / 3780円 / AICL-2718~9
通常盤 [CD] / 3240円 / AICL-2720
CD収録曲
  1. リバース
  2. Gum
  3. LIFE
  4. シャリー
  5. ブルー(Album Version)
  6. F.T.79
  7. 祭りのまえ
  8. efil
  9. WIRED
  10. フラッシュダンス(Album Version)
  11. robologue
  12. バタアシParty Night
  13. sing
  14. カタチ
  15. 卒業
初回限定盤DVD収録内容
  1. フラッシュダンス(MUSIC VIDEO)
  2. バタアシParty Night(MUSIC VIDEO)
  3. LIFE(MUSIC VIDEO)
  4. ブルー(MUSIC VIDEO)
  5. 特典映像「モグライフ(Documentary)」
LIVE TOUR 2014 "LIFE"
2014年10月17日(金)宮城県 Rensa
2014年10月19日(日)北海道 Zepp Sapporo
2014年10月24日(金)広島県 広島CLUB QUATTRO
2014年10月25日(土)福岡県 Zepp Fukuoka
2014年11月1日(土)愛知県 Zepp Nagoya
2014年11月2日(日)大阪府 Zepp Namba
2014年11月4日(火)香川県 高松MONSTER
2014年11月7日(金)長野県 NAGANO CLUB JUNK BOX
2014年11月8日(土)石川県 金沢EIGHT HALL
2014年11月14日(金)熊本県 DRUM Be-9 V1
2014年11月15日(土)鹿児島県 CAPARVO HALL
2014年11月20日(木)栃木県 HEAVEN'S ROCK Utsunomiya VJ-2
2014年11月21日(金)茨城県 mito LIGHT HOUSE
フジファブリック10th anniversary LIVE at 武道館 2014
2014年11月28日(金)東京都 日本武道館
フジファブリック

フジファブリック

志村正彦(Vo, G)を中心に2000年に結成されたロックバンド。都内を拠点に活動を開始し、2002年にミニアルバム「アラカルト」をリリース。そのユニークなサウンドと捻りの利いたアレンジ、志村の綴る独特の歌詞が注目を集める。2004年4月にシングル「桜の季節」でメジャーデビュー。「フジファブリック」「FAB FOX」「TEENAGER」といったアルバムがいずれも高い評価を受け、2009年発売の4thアルバム「CHRONICLE」でさらに支持を拡大するも、同年12月24日に志村が急逝。バンドは山内総一郎(Vo, G)、金澤ダイスケ(Key)、加藤慎一(B)の3人でその活動を継続し、2011年9月に新体制で初となるアルバム「STAR」をリリースした。2013年10月にはダンスロックをテーマにした4曲入りCD「FAB STEP」で新境地を開拓した。デビュー10周年を迎えた2014年は、2月に発表されたシングル「LIFE」を皮切りに、「FAB BOX II」「FAB LIVE II」という映像作品を連続リリース。9月に8thアルバム「LIFE」を発表し、11月にはデビュー10周年を記念した東京・日本武道館公演を行う。