175R「GET UP YOUTH!」PR

175R|パンクロック回帰、“Back to the 90's”を掲げた7年ぶりアルバム

昨年6年ぶりに活動再開した175Rが、4月5日に7年ぶりのニューアルバム「GET UP YOUTH!」をリリースする。今作には新曲12曲と、槇原敬之「遠く遠く」のカバーを収録。初回限定盤には「ハッピーライフ」「SAKURA」といった代表曲6曲の再録バージョンを収めたCD「175R(e) BEST」が付属する。

音楽ナタリーではSHOGO(Vo)にインタビューを実施し、175Rの活動休止から活動再開までの歩みを振り返ってもらったほか、“Back to the 90's”をイメージして制作したというパンクロック色の強いアルバム「GET UP YOUTH!」について話を聞いた。

取材・文 / 石橋果奈 撮影 / 後藤壮太郎

亡くなった仲間に175Rのライブを観せたかった

──昨年10月、175Rは約6年ぶりの活動再開を発表して大きな話題を集めました(参照:175Rが6年ぶりに活動再開、復帰ライブは「骸骨祭り」)。まずは再始動に至ったきっかけをお聞きしたいなと。

昨年末に幕張メッセで行われた「SKULLSHIT 20th ANNIVERSARY 骸骨祭り」で活動再開後初ライブを行ったんですけど、イベント開催の3、4年前にイベント主催者であるアパレルブランド・SKULLSHITの大滝(哲也)さんに「ブランドの20周年をバンドで祝ってもらえないか」ってオファーをもらったのが活動再開のきっかけでした。だいぶ先のことだから、やれるんじゃないかと思ったし、お祝いをしたかったから、「やります」っていうのをまず二つ返事で返して。

──その際は、ほかのメンバーとも活動再開について話したんですか?

SHOGO(Vo)

話してないですね。僕の独断で返事をしました。ISAKICK(B)とYOSHIAKI(Dr)は僕のソロプロジェクトのライブに参加してもらってたし、つながりはあって。でもKAZYA(G)は福岡に移住していたので、会うこともなくて……そのときは全員でバンドができるような状況ではなかったですね。そのあと2015年に昔からお世話になってる方が亡くなって、お別れ会でメンバー4人がひさしぶりに集まりました。

──そこで「活動再開しよう」という話になったんですか?

そうですね。これ、“活動休止したバンドあるある”だと思うんですけど、亡くなった人との最後の会話って「早く観たいよ」「もう1回観たい」「いつやるの?」とか、そういうことだったりするんですよ。それを思い出したときに「やっぱり観せてやりたかったな」「一緒にイベントやりたかったな」と思って。ニューアルバム「GET UP YOUTH!」には、そういう思いを形にした「シャナナ」が収録されています。

活動休止後、1人ロンドンで“荒療治”

──活動再開はSHOGOさんから言い出したんですか?

僕から言いましたね。なんとなくですけど、メンバーは「ついに言ってくれたか」みたいな感じだったと思います。

──そうなんですね。

メンバーはこれまでも175Rを再始動させたかったと思うんです。どちらかと言うと、僕が活動再開に対してあまり乗り気じゃなかったから。

──正直なところ、活動休止もSHOGOさんの思いが強かった?

SHOGO(Vo)

そうですね。9割9分ぐらい僕かな(笑)。「もう1回考え直してくれ」っていうメンバーもいたし、「SHOGOがそう言うなら仕方ない」っていうメンバーもいました。でも休止するときは、僕が精神的にあまりよくない状態だったから、メンバーもスタッフも「仕方ない」みたいなところはあったんじゃないかな。

──それは音楽に対する気持ちが、ということですか?

音楽でしょうね。やっぱり長く1つのことを続けていくといろんなことがあって。このまま続けると、大好きな音楽を嫌いになるんじゃないか、みたいな思いもあったし。誰に言われて始めたものでなく、唯一自分で始めてここまで長く続けて来れてるもので、大好きな趣味であり仕事だったんですけど、あまりそのときは音楽をできなかったですね。

──2010年末の175Rの活動休止後、2011年からSHOGOさんはロンドンに留学されましたね。

とにかくすべてから離れたいっていう思いでした。日本にいると結局なんかしら話が来ると思うし、音楽をやるという流れになりそうな気がして。

──ロンドンで過ごした日々はどんな時間でしたか?

楽しかったですよ。日本にいたら、同じようにバンドをやってる仲間たちが活動してる中で1人止まってるわけだから、いろんなことを考えすぎちゃうと思うんです。ロンドンは言葉とか生活とか、環境が全部違って、余裕も生まれない。だからまあ、荒療治みたいな感じですかね。でもその期間を過ごせてすごくよかった。

175R「GET UP YOUTH!」
2017年4月5日発売 / EMI RECORDS
175R「GET UP YOUTH!」

初回限定盤 [2CD]
3780円 / UPCH-29246~7

Amazon.co.jp

175R「GET UP YOUTH!」

通常盤 [CD]
2700円 / UPCH-20444

Amazon.co.jp

DISC 1
  1. 歓びの詩
  2. これから
  3. Weakness
  4. ROMAN ROAD
  5. トカイノネオン
  6. シャナナ
  7. Walk your way
  8. 君にまで
  9. 1999
  10. 4seasons
  11. 遠く遠く
  12. Restarted
  13. 新世界
DISC 2(初回限定盤のみ)

「175R(e) BEST」

  1. ハッピーライフ
  2. 空に唄えば
  3. YOUR SONG
  4. 僕の声
  5. 「手紙」
  6. SAKURA
175R 活動祭開!青き春の野音!
  • 2017年4月8日(土)東京都 日比谷野外大音楽堂
  • 2017年4月15日(土)大阪府 大阪城音楽堂
175R(イナゴライダー)
175R
1998年、SHOGO(Vo)を中心に北九州で結成。地元でライブ活動を展開すると共に、KEMURIやLA-PPISCHといったメジャーバンドと共演し、ファン層を拡大する。2003年にシングル「ハッピーライフ」でメジャーデビュー。同作と、同年リリースのシングル「空に唄えば」が共にオリコン週間CDシングルランキング初登場1位を記録した。この年の大みそかには「NHK紅白歌合戦」に出場。2004年には初の東京・日本武道館公演を行った。2007年に結成10周年目に突入したことを記念し、初のベストアルバム「サンキュー・フォー・ザ・ミュージック」をリリースし、初の47都道府県ツアーと海外公演を実施。2010年2月にメジャー6thアルバム「JAPON」をリリースしたのち、同年の12月より無期限の活動休止期間へと突入。およそ6年間の休止期間を経て、2016年12月に活動を再開する。2017年4月には7年ぶりのフルアルバム「GET UP YOUTH!」を発表。さらに東京・日比谷野外大音楽堂と大阪・大阪城音楽堂で「活動祭開!青き春の野音」と題した6年ぶりのワンマンライブを開催する。