映画ナタリー

トワノクオン 第五章 双絶の来復

トワノクオン 第五章 双絶の来復

トワノクオンダイゴショウソウゼツノライフク

解説

2011年6月から、半年かけて全6章の形式で上映されている本格アクションアニメ映画の第5章。近未来を舞台に、ベスティアと呼ばれる特殊能力を持つ少年少女と、その鎮圧に乗り出したサイボーグ部隊の戦いを描く。『機動戦士ガンダム/第08MS小隊』などで知られるアニメ界の名手で、今は亡き飯田馬之介監督の最期のメッセージが込められた1作だ。

ストーリー

人知れずベスティアの一掃を目論むサイボーグ部隊は、拠点のファンタジアム・ガーデンを割り出す。それに感づいたベスティアたちはガーデンを脱出。しかしサイボーグ部隊の手が忍び寄る。一方、行方知れずのクオンの消息はいまだ誰一人として掴めないでいた。

2011年11月5日(土)公開 / 上映時間:48分 / 製作:2011年(日本) / 配給:ショウゲート

(C)BONES / トワノクオン製作委員会

(C) PIA

映画ナタリーをフォロー