お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

明治維新誕生、お侍ちゃんがサンミュージック移籍&結婚報告

26

昨日8月9日、東京・渋谷シアターDにて、「サンミュージックGETライブ vol.179」が開催。お侍ちゃんがサンミュージック移籍後初出演し、結婚を発表した。

MCは髭男爵でオープニングでは、お侍ちゃんのお披露目にあたって山田ルイ53世が「偉い社員に『頼むわ』って言われた、憂鬱」と不満顔。自身も歴史系キャラのためライバル心を見せたが、楽屋で並ぶと「明治維新みたいだった」と観客を笑わせた。一方のひぐち君はドラマ「ショムニ2013」(フジテレビ系)に出演したということで自慢顔。山田ルイ53世曰く「松田優作になりたかった」というだけあって、「コメディだから真剣な芝居で個性派俳優と思われよう」と画策していたそうだが、監督から「ネタの感じでやって。何で呼ばれたか考えて」と注意されたというエピソードに観客も爆笑していた。

ネタはG3クラスからスタート。今年2013年5月から新コンビとなった元ロックンロールコメディーショー橋本と元ラブシングル中田の逆転満塁ホームランから始まり、閃光花火、めいどのみやげ、マリア、新鮮なたまご、Gたかしが会場を大いに沸かせた。続いてマイナーリーグ前半の芸人10組が1分ネタ。そしてG2クラスの西麻布ヒルズ、こぶし、手賀沼ジュン、かもめんたるゴー☆ジャスわらふぢなるおが登場した。マイナーリーグ後半9組の中にはお侍ちゃんも。見た目通りの歴史ネタは大いにウケ、お侍ちゃんは「歴史に興味があるようじゃの」と安堵。最後はG1クラスのタイムボム、三拍子エルシャラカーニがそれぞれ漫才の腕を見せつけ会場は終始爆笑に包まれていた。

エンディングでは、G1クラスの芸人たちとともにお侍ちゃんが舞台に現れ改めて挨拶。「お家騒動により脱藩し新しい城に」と、周囲もお侍ちゃんのキャラを付け足しながら事情を説明すると、お侍ちゃんは「かたじけない」とまげをさげた。そして「拙者ごとではあるんですが」と、8月8日に入籍したことを報告。なんと髭男爵の結婚記念日と一緒ということで、三拍子・高倉も「このパッケージ見えますね」とトリオ化を勧めると、お侍ちゃんを真ん中に「どーもー明治維新でーす!」と元気に自己紹介してみせた。

個性派揃いのサンミュージックに加入した、負けず劣らず個性派なお侍ちゃん。今後のサンミュージック芸人たちの新たな絡みややりとりにも注目してみよう。次回「GETライブ」は9月12日(木)がバトルランキング、13日(金)がベストネタ&コーナーライブ。そのほか各芸人たちもさまざまなライブを開催しているので、詳しくはサンミュージックオフィシャルサイトにて確認を。

お侍ちゃん結婚記念嫁エピソード

・ブログのアクセスが嫁のほうがある。(約3倍)

・姪っ子と初めてあったときに泣きすぎて、姪っ子と会うときは頭皮を隠すのを嫁の姉から義務付けられた。

・友達から一番多い質問が「夜のとき笑っちゃわない?」嫁「慣れる」

・武士の妻の作法という本をどこかから見つけてきたが2ページくらいしか読んでない。

・付き合ってから和柄のものを探すようになった。着物を畳めるようになった。
 (衣装を畳んだり、アイロンがけは嫁が全てやってくれている)

・WBCを観に行ったとき会場のカメラにまったく映らなかったのだが、嫁のアドバイス(編み笠に応援メッセージ貼る)を取り入れた 所、すぐに映った。

お笑いナタリーをフォロー