お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

響ミツコ、道重さゆみと岡本夏生の“神アイドル”争いに参戦

21

本日8月15日、人気オンラインゲーム「Dragon Nest」の新キャラクター「ハロリ」の記者発表会が都内にて行われ、ハロリ役として声優に初挑戦した道重さゆみ(モーニング娘。)のほか、、岡本夏生が出席した。

「Dragon Nest」(NHN Japan)は、昨年2010年5月にサービスが開始された人気オンラインゲーム。今月8月31日より本作に実装される予定のハロリは、史上最高のアイドル=“神アイドル”というキャラクター設定となっている。

記者発表会では「ハロリの役は私だけのもの!」と道重が主張しているところに「ちょっと待ったー!」と岡本が乱入。岡本は「私こそが本当のハロリよ。おじゃマンボウ! くいこみマンボウよ!」などと独特の言い回しでまくしたて、道重から「過去の人だとは思うんですけど、わたし過去のことすら知らないんで、ただの不審者だな、って……」と早速苦い顔をされていた。

続けて「ちょっと待ちなさいよー!」という長友の雄叫びとともに、響が登壇。長友は「みんなのアイドル、ミツコでしょうが!」とハロリ役を狙っていることをアピールしたものの「みなさま、急に来ちゃって、どうもすみませんでした」と例のギャグで怒りながら謝罪し、最終的には道重に「まだそれやってるんですね」と冷たくあしらわれていた。

ステージでは、3組が“真のアイドル”を決定するため、アテレコ対決を展開することに。本命の道重がそつなくこなしたのに対して、岡本は指定されたセリフから脱線するような絶叫で会場を混乱に陥れ、長友もセリフとは無関係に新ギャグ「脱帽でーす!」を披露した。「2011年一推しの新ギャグ」と胸を張る長友だったが、このギャグに対して道重は「なにそれ? って感じです。面白いんですか?」とバッサリ。アテレコ対決は順当に道重が勝利を収めて幕を閉じた。

お笑いナタリーをフォロー