片桐仁「キングオブコント2021」での相方は青木さやかに決定

4705

片桐仁が今年「キングオブコント2021」に挑戦する際の相方が、青木さやかに決まった。

「キングオブコント2021」挑戦のためのユニット「母と母」を結成した片桐仁、青木さやかと、2人をバックアップするエレキコミック。(c)TBS

「キングオブコント2021」挑戦のためのユニット「母と母」を結成した片桐仁、青木さやかと、2人をバックアップするエレキコミック。(c)TBS

大きなサイズで見る(全3件)

片桐仁と青木さやかのユニット「母と母」。(c)TBS

片桐仁と青木さやかのユニット「母と母」。(c)TBS[拡大]

これは自身がパーソナリティを務める「エレ片のケツビ!」(TBSラジオ)の6月26日深夜放送回で明らかとなったもの。かねてより番組内では「キングオブコント」出場を目指す片桐の相方を探すコーナー「キングオブコント決勝への道」が展開されてきた。片桐がさまざまな相方候補10組と共に、エレキコミックやつい主宰「YATSUI FESTIVAL! 2021」に出演したのは既報の通り。その後、番組へ寄せられた観覧者投票で青木とのユニット「母と母」が906ポイントを獲得して1位となった。2人は今大会に1回戦から出場して優勝を目指す。なお3位はユウキロックとの「こなおとし」(404ポイント)、2位はぽんぽこ高木ひとみ〇との「じん〇」(811ポイント)という投票結果だった。

片桐は「10組とやったらみんな好きになってしまい自分では選べなかったですが、決まりましたのでがんばります。『母と母』はリスナーの方からいただいた2分のネタしかないので、さらに募集したいと思います。なにせこれから1回戦ですから」とコメント。青木は「ネタは苦手なほうで20年近くやっていませんでした。片桐さんと組んでコントをやらせていただいたら、もう楽しくてしょうがない。お客さんの前でネタを披露するライブ感覚も蘇ってきたようです。すでに新しいネタも考えています」と意欲満々の様子だ。

「エレ片のケツビ!」イメージ (c)TBS

「エレ片のケツビ!」イメージ (c)TBS[拡大]

やついは「4月から番組でやってきましたキングオブコント決勝への道! 2人とも賞レースに出たことが一度もない片桐、青木コンビですからフレッシュです。何より同じ1973年生まれですし、今乗っていますからある意味最強です。まあ落ちても『M-1』がありますから(笑)」とエールを送る。相方・今立は「最近は若手の勢いがすごいですけれども、40代も負けてないぞというところを遺憾なく発揮してくれると思います! 母と母ガンバレ!!」と2人の活躍に期待を寄せた。

「キングオブコント2021の」エントリー締め切りは6月30日(水)で、1回戦は7月17日(土)まで実施される。決勝は今秋、TBS系で生放送される予定だ。

この記事の画像(全3件)

関連記事

片桐仁のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 片桐仁 / 青木さやか / エレキコミック の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。