お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

「言語遊戯王 THE TV」トーナメント表発表

153

2011年1月3日(月)にテレビ東京にて放送される「言語遊戯王 THE TV」(テレビ東京・テレビ大阪系)のトーナメント表が本日12月27日に発表された。

「言語遊戯王」は、せきしろがプロデュースしているカードを使った対戦型の大喜利バトル。ルールは、対戦者がランダムに選ばれた複数枚のカードの中から、「上の句」または「下の句」をデッキに置いて「面白いフレーズ」を作り、面白かったフレーズに審判がポイントを与えていく方式となっている。記念すべき初番組のプレイヤーは、バッファロー吾郎・木村、ロッチ・コカド、バナナマン設楽、道重さゆみ(モーニング娘。)、ハリセンボン箕輪、オードリー若林、ピース又吉。さらに、自身が構成・出演する新番組「シロウト名鑑」が来年2011年1月14日にテレビ東京でスタートするということで、宮藤官九郎がスペシャルゲストとして登場した。

第1試合はコカド対若林。現在ライブで2連覇している若林に、新参者のコカドが迫る。第2試合は箕輪対道重の女流プレイヤー対決。優勝経験豊富な箕輪と、笑いのセンスを認められたアイドル道重が火花を散らす。第3試合は、「キングオブコント2010」に続き「M-1グランプリ2010」でも活躍を見せた又吉対初参戦の設楽。文学好きな又吉得意のフィールドに設楽がどこまで食い込むのかが見どころだ。第4試合は宮藤対木村。これまで数々の名作を生み出してきた宮藤に、木村が芸人のプライドを賭けて挑む。

どの対戦も目が話せない好カードとなっている同番組。南海キャンディーズ山里による白熱の名司会も見逃せない。「言語遊戯王」に新たな歴史が生まれる瞬間をお笑いファンは見逃さないように。

お笑いナタリーをフォロー