吉住が初期コントからの変化明かす、哀愁漂う理由はおばあちゃんの「耳なし芳一」

233

本日4月12日発売の雑誌「+act.(プラスアクト)」2021年4月号(ワニブックス)に吉住のインタビューが掲載された。

吉住

吉住

大きなサイズで見る(全2件)

+act.(プラスアクト)2021年5月号

+act.(プラスアクト)2021年5月号
Amazon.co.jp

せっかくだもの。

吉住「せっかくだもの。」
Amazon.co.jp

今年3月末にネタDVD「せっかくだもの。」をリリースした吉住。このインタビューではDVDに収録されている初期、中期、後期それぞれのコントの傾向を語り、「おもしろ荘」でも披露した「たっちゃん」を作った頃から「剣の先を外に向けるのではなく、自分が狂人を演じるのが楽しくなってきた」と変化していったことを明かしている。

コントから悲壮感や哀愁が漂うのは、子供の頃、顔の彫りが深いおばあちゃんが豆電球の下で怪談「耳なし芳一」ばかり読んでくれていたことが影響していると自身で分析。「THE W」で優勝後、多数のテレビ番組から声がかかる状況と「こんなにも自分はできないんだ」という思いに葛藤しつつも、明石家さんまやブラックマヨネーズの言葉を頼りに「コントっていう軸足があれば迷わずにやっていける」と今は多岐にわたる仕事に楽しみながら取り組んでいる。「自分のコントが好きだなあと思えた」とDVD収録についても振り返っている記事をチェックしてみては。

この記事の画像(全2件)

関連記事

吉住のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 吉住 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。