コウテイ九条「ゾッキ」で人生初坊主「全然髪いらないです」齊藤工監督がバリカン

2579

コウテイ九条が昨日3月20日、出演する映画「ゾッキ」の公開直前イベントに監督、キャスト、原作者の大橋裕之と共に登壇した。

後列左から齊藤工(斎藤工)、山田孝之、竹中直人、大橋裕之。前列左からコウテイ九条、鈴木福、松井玲奈。

後列左から齊藤工(斎藤工)、山田孝之、竹中直人、大橋裕之。前列左からコウテイ九条、鈴木福、松井玲奈。

大きなサイズで見る(全7件)

左からコウテイ九条、鈴木福。

左からコウテイ九条、鈴木福。[拡大]

竹中直人の熱望により大橋の初期作品集「ゾッキA」「ゾッキB」の実写化を実現させた同作。竹中、山田孝之齊藤工が監督として共同制作し、倉持裕が脚本を手がけた。原作のエピソードを多数織り交ぜ、ありふれた日常に巻き起こる不思議な人間模様を描いている。

演技未経験の九条は会ったことのないクラスメイトの姉に恋をしてしまう高校生・伴くん役で齊藤の監督パートに参加。監督直々にバリカンを入れられ、坊主頭で熱演した。

コウテイ九条

コウテイ九条[拡大]

イベントでは、「もともと大橋先生の『シティライツ』という作品が大好きで。(今作の)原作も読んでいたので、その作品の好きな話に参加できるということで、人生で一度も坊主にしたことなかったんですが『全然髪もいらないです』と、やらせていただいた」とその覚悟を明かす。もちろん抵抗感もあったが、「衣装合わせのときに工監督がいきなりバリカンでいくぞ!と。(頭の)真ん中からぐいーといったので、『ああ、これもうやられるわ』って思ったんですが、いざ鏡を見たら、伴がそこにいるというか。まさか自分がここまで作品に忠実になれるとは思わなくて、さすが工監督!と思いました」とすぐに受け入れたそう。そんな九条の素直さに齊藤が「自分で『伴がそこにいる』って言えるのすごいな」と笑うと、九条は「言わせてくださいよ(笑)」と照れていた。

「ゾッキ」は4月2日(金)に全国で公開。大橋の出身地である愛知・蒲郡市では昨日から先行上映されているほか、愛知県では3月26日(金)に公開される。

この記事の画像(全7件)

(c)2020「ゾッキ」製作委員会

関連記事

コウテイのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 コウテイ / 鈴木福 / 松井玲奈 / 竹中直人 / 山田孝之 / 齊藤工 / 斎藤工 / 大橋裕之 / ゾッキ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。