「NSC大ライブ OSAKA」優勝は大阪43期生テキサスマウンテンローレル

114

昨日2月19日、吉本興業の芸人養成所NSCの現役生が出演する「NSC大ライブ 2021 OSAKA」が大阪・COOL JAPAN PARK OSAKA WWホールで開催され、大阪校43期生のテキサスマウンテンローレルが優勝した。

中央2人が優勝したテキサスマウンテンローレル。左がおのさとし、右が牧野晃歩。

中央2人が優勝したテキサスマウンテンローレル。左がおのさとし、右が牧野晃歩。

大きなサイズで見る(全5件)

NSC生が1年間の集大成を披露する場として、首席の座を懸けてネタバトルを繰り広げる毎年恒例の「NSC大ライブ」。初のオンライン開催となった今年の大阪大会には大阪43期生だけでなく、名古屋2期生、福岡3期生も加わった総勢138組が参戦した。

ネタを披露するテキサスマウンテンローレル。

ネタを披露するテキサスマウンテンローレル。[拡大]

予選会では12ブロックに分かれて1分ネタを披露。ブロックごとに視聴者投票が行われ、各ブロック1位となったたこ珍味、男鰤男、紫式部、マニピュレート、例えば炎、清川雄司、激辛ひなまつり、はんぱもん、山椒魚、オーケストラ、テキサスマウンテンローレル、ドライブドライブが決勝トーナメントに進出した。最終決戦ではコントのテキサスマウンテンローレルと漫才のドライブドライブが激突。審査員の票は1対6で、テキサスマウンテンローレルに軍配が上がる。喜ぶ彼らは昨年の優勝者であるモンデンの名前を出しながら感謝を語ったが、MCを務めたヤナギブソンは「モンデンさんを知らない」と困惑。するとモンデンがステージに姿を現し、決勝2組の健闘を称えると「モンデンの総評、誰が興味あんねん!」とヤナギブソンにツッコまれた。

囲み取材に応じるテキサスマウンテンローレルと、大会MCのヤナギブソン(左)、審査を務めたお~い!久馬(右)。

囲み取材に応じるテキサスマウンテンローレルと、大会MCのヤナギブソン(左)、審査を務めたお~い!久馬(右)。[拡大]

終演後に行われたオンラインの囲み取材では、記者たちに囲まれることを想定していた牧野は「アクリル板に囲まれるとは思ってなかった」とコメント。優勝した瞬間の気持ちを問われるも「うれしかったんですけど、今日は運がよかったんだと思います。芸人としてまだスタートラインにも立ってないので」と控え目に述べた。

テキサスマウンテンローレル。左がおのさとし、右が牧野晃歩。

テキサスマウンテンローレル。左がおのさとし、右が牧野晃歩。[拡大]

2人は佐賀大学サッカー部の先輩後輩という関係。2軍のベンチでふざけていた仲で、先輩のおのが卒業後、他事務所の芸人養成所に入ったもののくすぶっていたところへ卒業を迎えた牧野が声をかけ、NSCに入学した。

取材中、終始珍妙な回答で笑いを誘っていた彼らはどちらもボケ希望。毎回じゃんけんでボケかツッコミかを決めているという。今年の優勝特典は大阪・なんばグランド花月や京都・よしもと祇園花月の公演への出演、大阪・よしもと漫才劇場「Kakeru翔チャレンジバトル」への出演、「発見!仰天!!プレミアもん!!!土曜はダメよ!」「特盛!よしもと 今田・八光のおしゃべりジャングル」(共に読売テレビ)のほか読売テレビの特別番組への出演、各局ラジオ番組への出演など。会見中はそれぞれ相方のボケを野放しにしていたが、ひとまずはこのスタイルで「やれるだけやってみる」と意気込んだ。

この記事の画像(全5件)

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。