お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ウーマン、さらば、GAGら本戦進出「ABCお笑い新人グランプリ」

52

昨日11月28日に大阪・ABCテレビにて行われた「第32回ABCお笑い新人グランプリ」予選会の結果が発表された。

本戦に駒を進めたのはアイロンヘッドトットさかなDVDさらば青春の光、ソーセージ、ダブルアート、GAG少年楽団、ウーマンラッシュアワー、ミルクボーイ、尼神インターの10組。彼らは2011年1月10日(月・祝)に行われる本選にて最優秀新人賞を賭けて生放送でネタを披露する。

現在オフィシャルサイトでは、ペア150組300名の応募を受付中。締切は12月20日(月)午前11時までとなっている。観覧や応募の詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

「第32回ABCお笑い新人グランプリ」本戦出場者コメント

●アイロンヘッド
僕らは、まだbaseよしもとではオーディション組なんで、そこで負けてしまうこともあるんですけど、本選では負けたネタでも勝てるんだぞ、というのを見せたいです。そして、一番の役目をしっかり果たしたいと思います。

●トット
うれしいです。いつも通り、楽しくやるだけです。テレビとか、ちゃんとした場でネタができるというのはほとんど初めてなので、忘れられないようなネタをやろうと思います。

●さかなDVD
3番目の役目って一体何なのだろう、っていうのがまだつかめてない状況なんですけど。当日までにしっかり戦略を練って、いいネタを選んで、ぜひ2本やりたいと思います。2010年は元旦から今まで一つもいいことがなかったので、来年は本番の日からはいいことばっかりになるように。

●さらば青春の光
とりあえずネタをやろうと。それだけです。頑張ります。ただ、2009年、1分コーナーみたいなところで下ネタやらさせていただきまして、会社からこっぴどく怒られました。2010年トップバッターで、また下ネタで……。今回はまだ下ネタができてないので、年内中に作ろうかなと……。

●ソーセージ
この1年はとりあえずABCから始まったんで幸先よかったです。だから、2011年も幸先いいですね。でも、2010年も本選に出させてもらったんですが、3組に残って最優秀が取れなかったんで。今回は絶対に取るって1年やってきたので、とりあえずよかったなと思います。本選では最大2本いるので、しっかり固めます。

●ダブルアート
今年は自分たちの可能性を切り開くために、頑張ってきました。チェスッ!だから、やっとここまで来たかなという感じで。もうあとは、やるだけという感じです。

●GAG少年楽団
本選で優勝する自信がなかったら、ここにはいないと思っております。僕たちはラストイヤーになっておりますので、次回は無いので今年は必ず優勝したいと思います。僕たちコントなんで、パネルや道具を作っていただいてる、baseよしもとのスタッフさんのためにもがんばりたいと思います。

●ウーマンラッシュアワー
結構やってるネタやったんで、自信はありました。島田紳助さんがたまたま前回の新人グランプリのネタを見てはって、1年間で生活がガラッと変わりました。でも、前回は審査員特別賞だったんで、悔しい気持ちがここ1年あったんですよ。だから、ABCはずっと頭の中にありましたね。本選への秘策は……最低限、松葉杖をつかないように。

●ミルクボーイ
今年も何回かちょこちょこTVに出させていただいたんですけども、だいたい裸か、牛丼の早食いだったので、服を着て漫才できるのが楽しみです。今よりもっと鍛えぬいた体で、本番に臨みたいと思います。

●尼神インター
今回の勝因は、誠子の顔かなと思ってます。審査員の方のタイプやったんかなと。この1年間は、ずっと彼氏が欲しいなと思いながら本選目指してました。来年は絶対彼氏を作ろうと思います。とにかく、本選は無理せず頑張ろうと思ってます。

お笑いナタリーをフォロー