“喧嘩上等のOL世界”描く映画でバカリズムが脚本「バカバカしさに振り切った」

823

今年5月に全国公開される映画「地獄の花園」の脚本をバカリズムが担当する。

「地獄の花園」ティザービジュアル

「地獄の花園」ティザービジュアル

大きなサイズで見る(全2件)

「地獄の花園」は、特攻服を着たOLたちが拳を交えながら派閥争いを繰り広げる“喧嘩上等のOL世界”を描く作品。Perfume 、サカナクション、星野源のミュージックビデオを手がけてきた関和亮が監督を務め、永野芽郁が普通のOLライフに憧れる主人公・直子を演じる。

バカリズムと関監督は、これまでも「かもしれない女優たち」や「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」(共にフジテレビ系)といったドラマでタッグを組んできた。バカリズムは「これまで関監督とはいろんな作品でご一緒させていただいていますが、一番バカバカしさに振り切った笑える作品になっていると思います」とコメントしている。

バカリズム コメント

今回、「女性のヤンキーものを書いてほしい」というオファーをいただき、最初は女子高生のバイオレンスな話を書いていたのですが、もっと非現実的でバカバカしくするために関監督に「設定をOLにしませんか?」と提案したところ、「面白いですね!」と乗っていただき、そこから関監督の演出でより壮大なバカバカしい映画になりました。これまで関監督とはいろんな作品でご一緒させていただいていますが、一番バカバカしさに振り切った笑える作品になっていると思います。

関和亮 コメント

OL×ヤンキーといううバカリズム独特の世界観を素敵なキャスト陣が全力で演じております。ありそうでなかった世界でどんなことが起こっていくかご期待いただければと思います。

永野芽郁 コメント

ごく普通のOLライフに憧れる直子という役を演じておりますが、「何を言っているんだろう」と思ってしまうほど暴言も吐いています。普段の生活では馴染みのない言葉なので、イントネーションや言葉の吐き捨て方など、合っているのかまったくわからず(笑)。そういう点では苦労しましたね。撮影現場はずっと笑いが絶えなかったですし、監督、スタッフ、そしてほかの出演者の方みんなで面白い作品になるよう一生懸命がんばりました。きっと今までに見たことのない私をお見せできると思いますし、今までにない大きな作品になっていると思いますので、楽しみに待っていてください。

この記事の画像・動画(全2件)

関連記事

バカリズムのほかの記事

リンク

(c)2021『地獄の花園』製作委員会

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 バカリズム / 関和亮 / 永野芽郁 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。