「日本民間放送連盟賞」に松元ヒロ特集番組、M-1アナザーストーリー、笑点ドラマ

1611

「2020年日本民間放送連盟賞」の「番組部門 テレビエンターテインメント番組」で、松元ヒロを特集した「テレビで会えない芸人」(鹿児島テレビ放送)が最優秀賞に選出された。

「M-1グランプリ2019」王者のミルクボーイら。(c)M-1グランプリ事務局

「M-1グランプリ2019」王者のミルクボーイら。(c)M-1グランプリ事務局

大きなサイズで見る(全8件)

一般社団法人 日本民間放送連盟が主催する「日本民間放送連盟賞」は、優れたテレビ番組やラジオ番組、CMを表彰するもの。今回は「テレビで会えない芸人」のほか、「M-1アナザーストーリー ~漫才人生、果てなき道~」(ABCテレビ)が「番組部門 テレビエンターテインメント番組」の優秀賞、「BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵」(BS日テレ、BS日テレ4K)が「番組部門 テレビドラマ番組」の優秀賞を獲得した。

「テレビで会えない芸人」は、コント集団「ザ・ニュースペーパー」の設立メンバーであり、現在は独立して活動する松元ヒロを特集したもの。日本民間放送連盟は「テレビから意図的に消え、自らの表現の自由を貫く芸人を取り上げた勇気を評価したい。番組作りにもセンスを感じる」とのコメントを贈った。

「M-1アナザーストーリー ~漫才人生、果てなき道~」(ABCテレビ)は、「M-1グランプリ2019」の激闘の裏側を映したドキュメンタリー。「楽屋や収録前後の素顔や緊張感を捉え、意外な結果のリアリティを感じられた。ミルクボーイを支えた大阪の人情や、共に戦った仲間を称える芸人の姿に胸が熱くなる」との理由で選出された。

「BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵」より。(c)BS日テレ

「BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵」より。(c)BS日テレ[拡大]

「BS笑点ドラマスペシャル 初代 林家木久蔵」は林家木久扇の人生を描いたドラマで、桂歌丸編、 五代目三遊亭圓楽編に続くシリーズ3作目。「笑点」ドラマ化への継続的な取り組みや、安定感のある楽しい演出が高く評価されての受賞となった。木久扇は「今まで賞をもらったことはない私ですが、このたびの受賞はうれしくてうれしくて」「続編でスペインの木久蔵ラーメンもよろしくお願いいたします……」、主演の柄本時生は「受賞を聞き驚いております」「監督やスタッフの力、そしてなんといっても初代林家木久蔵師匠と笑点の歴史のお陰だと思っております」とのコメントを発表している。

この記事の画像(全8件)

関連記事

松元ヒロのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 松元ヒロ / ミルクボーイ / 柄本時生 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。