松原タニシがカシューナッツと2人で暮らした事故物件2軒目マンガ、本当に2人だったのか

147

松原タニシの事故物件生活を題材にしたマンガ「ボクんち事故物件 2軒目」(竹書房)が本日7月30日に発売された。

「ボクんち事故物件 2軒目」表紙(帯あり)

「ボクんち事故物件 2軒目」表紙(帯あり)

大きなサイズで見る(全4件)

「ボクんち事故物件」はマンガ誌「本当にあった愉快な話」(竹書房)でマンガ家・宮本ぐみが作画を担当している作品。単行本2作目となる今作では松原タニシが事故物件2軒目としてゆんぼだんぷカシューナッツと共に暮らした、殺人事件が起きた部屋でのエピソードを詳細に描いている。

またこれにあわせて、LINEスタンプ「松原タニシの『ボクんち事故物件』スタンプ」の第2弾もリリースされた。

松原タニシ コメント

松原タニシ(右)と一緒に事故物件に住んでいたゆんぼだんぷカシューナッツ(左)。

松原タニシ(右)と一緒に事故物件に住んでいたゆんぼだんぷカシューナッツ(左)。[拡大]

「ボクんち事故物件」の2軒目(2巻目)が発売されます。今年の夏は映画「事故物件 恐い間取り」も公開されるので、お手軽に映画の予習をされたい方には「ボクんち事故物件」の1巻と2巻をまとめて読むのが最適かと思います。宮本ぐみ先生の可愛らしいタッチのおかげで、事故物件のシリアスで陰鬱なお話がとてもポップに描かれておりますので、事故物件初心者の方には非常に入り込みやすいと思います。ただ、この漫画に載っている話は僕が事故物件に住むきっかけになった番組「北野誠のおまえら行くな。」を忠実に再現してますので、完全ドキュメンタリー漫画となっております。笑いアリ、恐怖アリで、ぜひ癒されながら震えてください。

そして今回も宮本ぐみ先生による松原タニシLINEスタンプが発売されます。スタンプも第2弾になりますので、より使いやすいスタンプと、またまた「いつ使うねん」といったスタンプが増えております。特にオススメは「化生の者か、魔性の者か、正体を現せ」スタンプです。これは“狐の窓”といって、人間に化けた妖怪や不思議なものを見抜くときに使うおまじないのようなものです。LINEの相手がどうもおかしいぞと思ったときに、このスタンプを使って、相手がモノノケか、あるいは乗っ取り業者なのかをぜひ見破ってみてください。

ゆんぼだんぷカシューナッツ コメント

ボクんち事故物件、2軒目が出ました! この事故物件は、タニシさんと2人で住んでたのですが、本当に、「2人」だけだったのか…ぜひ読んでみて下さい…

宮本ぐみ コメント

このたび「ボクんち事故物件 2軒目」とLINEスタンプ第2弾が同時発売することになり、本当にうれしく思っております。2軒目では同居人カシューナッツさん(ゆんぼだんぷ)を交えて、細かすぎて伝えきれなかった裏話がたくさん入っています。詰め込みすぎてまさかの1冊分になってしまった!という、タニシさんもびっくりの結果になりました。そして最後まで読むと心霊現象だけではない、ある意味事故物件の真の恐怖を感じていただけることでしょう。LINEスタンプ第2弾では、より会話に使いやすいものを中心に厳選してあります。個人的にこだわったのはタニシさんの服の柄なので、ぜひチェックしてみてください!

この記事の画像(全4件)

松原タニシのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 松原タニシ / ゆんぼだんぷ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。