お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

又吉が映画「劇場」無観客イベント出席、盛り上げタイプではないことを謝る

244

左からピース又吉、松岡茉優、山崎賢人、寛一郎、行定勲。

左からピース又吉、松岡茉優、山崎賢人、寛一郎、行定勲。

昨日3月25日、映画「劇場」の完成記念イベントが東京・丸の内ピカデリーで行われ、原作者のピース又吉、監督の行定勲、キャストの山崎賢人松岡茉優寛一郎が出席した。

「劇場」は、夢を追いかける劇作家・永田と彼を献身的に支える恋人・沙希の日々を描いた作品。来月4月17日(金)に全国公開される映画版では、永田を山崎、沙希を松岡が演じる。

新型コロナウイルス感染拡大の影響により無観客で実施された昨日のイベントで、又吉は「こういうときに芸人がいると、ツッコんだり場を盛り上げたりするんですけど、僕ですみません(笑)」と冒頭から自虐発言。映画については「『劇場』という小説は大切にしている作品。映像化されたときにどうなるんだろうという期待と不安があったんですけど、原作を大切にしてくださってると感じました。映像で観ることで僕自身もわかっていなかった発見があったので、原作を読んでくださった方もぜひ映画で楽しんでほしいです」と語った。

Twitterで募集した質問に登壇者が答えるコーナーでは、「お気に入りのシーンは?」と聞かれた又吉が「永田と沙希が2人で部屋にいるシーンはどれも好きなんですけど、特に沙希が壁にもたれかかってパンを食べているシーン。あれがヤバいですね。空気感と2人の距離が好きです」と回答。行定監督は「あのシーンは松岡に『どこらへんに座りたい?』って聞いたら『なるべく(永田から)離れたところ』って言ってあそこになったんですよ。俺はもうちょっと近くてもいいかなと思ったんですけど、『そうか。これが女の気持ちなんだ』って。あの距離感は本当に絶妙だったなと思います」と裏話を明かした。

「劇場」が生涯忘れられない恋を描いた作品であることから、「忘れられない出来事は?」という質問も。又吉は「一作目の『火花』が中国で出版されるときに上海に行きまして。たくさん報道陣が来てくれて、本を読んでくれた人たちが熱心に質問してくれてうれしかったんですけど、翌日の新聞を通訳してもらったら『又吉の髪型はラーメンみたいだった』って書かれてました……。あれは忘れられないです」と話して一同の笑いを誘っていた。

(c)2020「劇場」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー