お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

NSC東京25期大ライブ優勝はゴヤ!MC竹若「貫禄があった」

330

NSC東京校の25期生らが出演する「NSC大ライブTOKYO 2020」で優勝したゴヤ。

NSC東京校の25期生らが出演する「NSC大ライブTOKYO 2020」で優勝したゴヤ。

本日2月17日、よしもとの芸人養成所・NSC東京校の25期生らが出演する「NSC大ライブTOKYO 2020」が東京・メルパルクホールで開催され、ゴヤが優勝した。

「NSC大ライブ」は現役NSC生が1年間の集大成としてネタを披露し、優勝を争うライブ。本日は予選に出場した120組の中から8組が決勝ファーストラウンドに進出し、審査の結果、ゴヤ、シングシング、ロンゲストスプリングの上位3組が最終決戦に臨んだ。漫才で会場中の笑いを誘ったゴヤは審査員7名による投票の末、6票を獲得して120組の頂点に。ゴヤには優勝特典として、来月3月17日(火)に東京・北沢タウンホールで単独ライブを開催する権利や、東京・神保町よしもと漫才劇場でランキングシステムの「Bクラス」からスタートする権利などが与えられた。

ゴヤは、ボケのBりょうとツッコミの山路の2人組。早稲田大学の学生時代にお笑いサークルで出会った。ライブ後の囲み取材で、山路は優勝について「自信はありました。けど、ホッとしました」と心境を語る。卒業後にプロの芸人になることを「もちろん。これでならなかったらビックリです」と明言し、将来へ向けて「千鳥さんみたいに子供番組のMCがやりたい。地元が広島出身なので近くに感じる」と話した。

Bりょうという名前は、本名が「佐藤遼」で同級生とかぶるために小学生時代についたあだ名とのこと。「僕はペナルティさんみたいなコンビになって、ワッキーさんみたいにギャグをしたい」と芸人としての展望を述べる。このライブで着用した衣装のベストとパンツはオーダーメイドという気合の入りようだったゴヤ。コンビ名の由来はスペインの画家で映画賞の名前にもなっているゴヤだという。「仲良くゲラゲラ笑って、やっていきたい」(山路)、「漫才だけでごはんが食べられたら。おじいちゃんになっても続けたい」(Bりょう)という2人の活躍に期待しよう。

ゴヤの優勝をMCとして見届けたバッファロー吾郎・竹若はライブ後、「堂々としたもんでした。これだけ大きな会場のお客さんをあれだけ笑わせるのはなかなか。落ち着いて貫禄があった」と絶賛。今後へ向けて「トップを獲ったけど謙虚な気持ちでがんばって」と激励した。

お笑いナタリーをフォロー