お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

マキタ、もう中学生が参加、ノゾエ征爾演出「母を逃がす」シアターコクーンで

352

「母を逃がす」に出演する(左上から時計回りに)瀬戸康史、三吉彩花、稲葉友、山下リオ、六角精児、高田聖子、峯村リエ、マキタスポーツ。

「母を逃がす」に出演する(左上から時計回りに)瀬戸康史、三吉彩花、稲葉友、山下リオ、六角精児、高田聖子、峯村リエ、マキタスポーツ。

5月7日(木)から5月25日(月)まで東京・Bunkamura シアターコクーンで上演される舞台「母を逃がす」にマキタスポーツもう中学生が出演する。

「母を逃がす」は来月1月にシアターコクーンの芸術監督に就任する松尾スズキが1999年、自身の主宰する大人計画で上演し、「第3回鶴屋南北戯曲賞」にノミネートされた話題作。自給自足の共同生活を営んでいる架空の農業コミューンを舞台に、人々の切実な日常生活が痛烈な笑いと共に描かれた。今作では、ENBUゼミナールにて松尾のゼミを経、劇団はえぎわを主宰するノゾエ征爾が演出を手がける。

農業集落「クマギリ第三農楽天」で、病に倒れた父に代わり村をまとめる頭目代行の雄介を瀬戸康史、妹・リクを三吉彩花、兄・地介を六角精児が演じ、マキタスポーツは医者の赤痢役、もう中学生は集落にやってきた流れ者のうちの1人、力持ちだが頭の弱い万蔵役で参加。このほか、山下リオ稲葉友峯村リエ高田聖子らがキャストに名を連ねている。

同作は2020年6月上旬、大阪でも上演予定。

シアターコクーン・オンレパートリー2020「母を逃がす」

日程:2020年5月7日(木)~25日(月)
会場:東京・Bunkamura シアターコクーン
料金:S席1万円 / A席8000円 / コクーンシート5000円
チケット:2020年3月1日(日)に発売。
<出演者>
瀬戸康史 / 三吉彩花 / 稲葉友 / 山下リオ / もう中学生 / 町田水城 / 山口航太 / 湯川ひな / 武居卓 / 家納ジュンコ / マキタスポーツ / 峯村リエ / 高田聖子 / 六角精児 ほか

お笑いナタリーをフォロー