お笑いナタリー - お笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信

せいやとザコシが「IPPON」初出場「今回はヒューマンドラマでもある」

1632

「IPPONグランプリ」に初出場する、霜降り明星せいや。(c)フジテレビ

「IPPONグランプリ」に初出場する、霜降り明星せいや。(c)フジテレビ

「土曜プレミアム『IPPONグランプリ』」(フジテレビ・関西テレビ系)が明日11月30日(土)に放送され、霜降り明星せいやとハリウッドザコシショウが初出場するのは既報の通り。このたびせいやのコメントが発表された。

第22回大会となる今回の「IPPON」は、Aブロックが、ロバート秋山、博多大吉、ネプチューン堀内、かまいたち山内、せいや、Bブロックが千鳥・大悟、アンガールズ田中、千原ジュニアバカリズム、ザコシといった面々。せいやは自身の初出場について「『IPPONグランプリ』は大喜利番組ですが、今回は1人の追い詰められた青年が、力のある先輩たちに立ち向かっていく“ヒューマンドラマ”でもありますので楽しみにしてください」といった言葉を放っている。

霜降り明星せいや コメント

──視聴者として抱いていた「IPPONグランプリ」のイメージは?

楽しい番組なので、ずっと出たいと思っていました。相方(粗品)が先に出たので、僕も出たいなと思っていたところにお声をかけていただきました。セットを見て、「ここでやっているんだ!」と感動しっぱなしでした。

──「IPPONグランプリ」出場が決まった際のお気持ちは?

「やったー!」ですね。「人志松本のすべらない話」もそうですけど、松本(人志)さんとのお仕事は、芸人としての真価を問われるといいますか、年に何回かの“芸人の仕事”なので本当にうれしかったです。とにかく、トップレベルの芸人さんとご一緒できるのが楽しみでしたし、変な言い方かもしれませんが、「いい思い出が作れる」と思いました。

──「IPPONグランプリ」の収録を終えて。

テレビで観ていたのとは違って、恐ろしい番組でした(笑)。IPPONの重みをひしひしと感じました。他の方々の回答がすごすぎて、「何を書いたらいいんだ?」とパニック状態に陥りました。初めての体験ばかりで、驚きっぱなしというのが正直なところで、気づいたら収録が終わっていました。

──初めて、IPPONを取った際のお気持ちは?

放送を観ていただければわかりますが、軽く泣いてます(笑)。本当に、経験したことのない緊張感でした。

──ブロックの組み合わせについて。

秋山さんが隣だったので、「何、その回答?」というのを、まじまじと見せつけられました。自分の回答が「なんて、チンケなんだ」と反省しながらやっていました(笑)。

──ファンの皆さまへのメッセージを。

回答はもちろんですが、人間が追い詰められるとこんな顔をするんだというところにも注目してほしいです。「IPPONグランプリ」は大喜利番組ですが、今回は1人の追い詰められた青年が、力のある先輩たちに立ち向かっていく“ヒューマンドラマ”でもありますので楽しみにしてください。

土曜プレミアム「IPPONグランプリ」

フジテレビ・関西テレビ系 2019年11月30日(土)21:00~23:10
<出演者>
大会チェアマン:松本人志
出場者:ロバート秋山 / 霜降り明星せいや / 千鳥・大悟 / アンガールズ田中 / 千原ジュニア / 博多大吉 / バカリズム / ハリウッドザコシショウ / ネプチューン堀内 / かまいたち山内
観覧ゲスト:梶裕貴 / 草刈民代 / 白濱亜嵐GENERATIONS from EXILE TRIBE / EXILE) / ファーストサマーウイカ
フロア進行:榎並大二郎(フジテレビアナウンサー)

お笑いナタリーをフォロー