お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

街裏ぴんく、トゥインクル1GPで優勝「ほかにもいっぱいネタあります!」

580

「トゥインクル1グランプリ2019」で優勝した街裏ぴんく。

「トゥインクル1グランプリ2019」で優勝した街裏ぴんく。

トゥインクル・コーポレーションに所属する若手芸人のナンバーワンを決める大会「トゥインクル1グランプリ2019」が本日10月29日、東京・渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホールで開催され、街裏ぴんくが優勝した。

7年目を迎える今回は、予選を勝ち抜いた街裏ぴんく、ホシカワ、ウルトラ、ゴールドラッシュ、はしこばし、ポルコ、石川カズキ、ブーメラン学園、前回王者の藤子が出場。大会冒頭では、予選敗退者たちのアピール合戦も実施され、ちびシャトル、ジャパネーズ、元Yes-manの越田裕の3名がワイルドカード枠を勝ち取った。

決勝では、バラエティ番組やお笑いライブの制作に携わる4名にエレキコミックやついを加えた5名が審査を担当。街裏ぴんくはアンパンマンをテーマにした漫談で客席を盛り上げ、審査員の高評価を得た。彼は優勝トロフィーを受け取ると「ほかにもいっぱいネタあります! 2分(ネタ)もいけます!」とテレビ関係者にアピール。さらに「実は『トゥインクル1グランプリ』の直前に安倍首相と会食させていただいて、(席を外すときに)『もう行くんか』と言われまして……」とネタの延長戦のようなコメントをしたが、着地点を見失ってしまい、片桐仁やエレキコミックから「(話す内容は)まとまってるか?」とツッコまれていた。

お笑いナタリーをフォロー