お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

下手とか思っては駄目、おぎやはぎ小木が映画「前田建設ファンタジー営業部」出演

313

「前田建設ファンタジー営業部」キャスト。左からおぎやはぎ小木、上地雄輔、高杉真宙、岸井ゆきの、本多力。

「前田建設ファンタジー営業部」キャスト。左からおぎやはぎ小木、上地雄輔、高杉真宙、岸井ゆきの、本多力。

おぎやはぎ小木が2020年公開の映画「前田建設ファンタジー営業部」に出演する。

「前田建設ファンタジー営業部」は実在の企業・前田建設工業が展開しているWebコンテンツで、アニメ、マンガ、ゲームといった空想世界に存在する建造物を実際に建設するとしたらどうなるか、工期、工費を含め検証するもの。2003年より「マジンガーZ 格納庫」「銀河鉄道999 地球発進用高架橋」「機動戦士ガンダム、ジャブロー基地を創ろう」などを発表し、2004年には幻冬舎から書籍「マジンガーZ 地下格納庫編」が刊行された。映画版は同書を原作としている。

ヨーロッパ企画の上田誠が脚本を手がけ、おぎやはぎ、オードリーらが出演したテレビ東京のオムニバスコント番組「SICKS-シックス- みんながみんな、何かの病気」の英勉が監督を務めた。舞台は2003年、バブル崩壊後の建設業界。高杉真宙演じる若手社員・土井航は嫌々ながら検証コンテンツのWeb連載に携わっていくうち、社内外の技術者たちの熱意、架空のものに対してどこまでも真剣に向き合う姿を目の当たりにして、“意味のないこと”だと思っていた業務に本気で取り組むようになる。

このたび発表になった追加キャストは小木、上地雄輔本多力岸井ゆきのの4名。小木は「ファンタジー世界から受注する」という奇想天外なこの企画を立案した破天荒な上司を演じ、「僕の役柄のモデルとなった方にもお会いして忠実に役作りをさせて頂きました。だから、映画を観る方にご理解頂きたいのですが、下手とか思っては駄目です」とコメントしている。

おぎやはぎ小木 コメント

最初に内容を聞いたときに、ファンタジーか……と思ったのですが、よくよく聞いてみると、僕が何よりも大好きな実話を基にした映画だということで、がぜんやる気になりました。さらに僕の役柄のモデルとなった方にもお会いして忠実に役作りをさせて頂きました。だから、映画を観る方にご理解頂きたいのですが、下手とか思っては駄目です。

(c)前田建設工業株式会社/Team F (c)ダイナミック企画・東映アニメーション

お笑いナタリーをフォロー