お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ナイツが「キン肉マン漫才」を作者の前で披露、土屋の考えた超人は絶賛される

352

「キン肉マン漫才」を披露するナイツ。

「キン肉マン漫才」を披露するナイツ。

ゆでたまごによるマンガ「キン肉マン」の40周年、および同作をテーマにしたスマートフォン向けゲーム「キン肉マン マッスルショット」の4周年を記念したイベント「炎のMUSCLE SPRING FESTIVAL2019」が、昨日3月29日にヒューリックホール東京にて開催。キン肉マンファンであるナイツホリがゲスト出演した。

イベントではナイツ、ホリ、ゆでたまごの3組によって、「キン肉マン」の裏話などが語られていく。ホリ、ナイツ塙、ナイツ土屋の3人が、それぞれ事前に答えた「キン肉マン」に関するアンケートの答えを見ながら話すコーナーでは「お気に入りの超人」「最も好きな必殺技」「最強のタッグチーム」といった話題で盛り上がった。

芸人3人がオリジナル超人をプレゼンするコーナーでは、馬の絵が得意なことで知られる土屋が考案した「サラブレッドマン」という馬型の超人がゆでたまごの2人から「マスクの感じとかいいですよ」「太ももの内側広筋と外側広筋っていうのがあるんですけど、それをきっちり描き分けられているので大したもんです」と絶賛される一幕も。相方の塙は「これを先に知ってたら『サラ・ブライトマン』ってかぶせてたのに」とボヤいた。

ナイツ、ホリ、中井によるライブペインティングを挟み、続いてはナイツによる「キン肉マン漫才」が披露された。初公開となるこのネタは、「ピエール瀧さんが捕まりましたね」「『キン肉マン漫才』つって来てるのになんでピエール瀧から始まるんだよ」というツカミからスタート。「今日は『キン肉マン』について、インターネットのヤホーで調べてみました」と本題に入り、約5分のネタを終えた。

イベント終了後には、ホリ、ナイツ、ゆでたまごが囲み取材に応じた。ゆでたまごの2人が40周年に関する思いを語ったあと、ナイツに「ジャンルは違えど、コンビでずっと続けられている方々を見てどう感じるか」と質問が飛ぶと、塙は「僕らももしかしたら、友情の箱の中の人形を背中向きにされている可能性はある」「決裂したおぼん・こぼん師匠を見てると、僕らも正義超人としてがんばらないと」と、作品になぞらえてコメント。土屋が「ゆでたまご先生は40周年ですけど、おぼん・こぼん師匠は50年経ってから仲が悪くなりましたからね」と笑った。

またこの日のイベントを振り返り、塙は「『キン肉マン』はホントにむちゃくちゃ好きで見てて。家に全巻あるので、イベントに備えて山積みにして読んでたんですよ。仕事で読めるのが楽しくて、読みながらめちゃめちゃ笑ってたら、奥さんも喜んじゃって。さらに子供も読み始めて、やっぱり屁のネタとかで超笑うんですよね。ホントに今日にいたるまで楽しかったです」とコメント。土屋も「(ゆでたまごの)お二人の友情パワーというか、お互いを尊重してる話をここで聞けたのがうれしいですね。子供の頃に『キン肉マン』を読んでた自分に伝えたい」と語った。

なおこの日に披露した「キン肉マン漫才」について塙は「誰に頼まれてたわけでもないのに、ブログで『キン肉マン漫才』っていうのを勝手に上げてて。本当にやると30分ぐらいの量があるんですよ。だからそれはできないので、新たに5分ぐらいのものを作ったんです」と裏話を披露。ゆでたまご嶋田は「舞台袖で観てて爆笑しました」と絶賛していた。

またイベント中、細かいところで何回も嶋田のモノマネを挟んでいたホリには「あれは先生公認ということでしょうか」と質問が飛び、ホリは「お食事する機会が何回もあって、すぐできましたね。スピードワゴンの小沢(一敬)さんとスリムクラブの真栄田(賢)くんに近い感じ」と答える。しかしゆでたまご嶋田が「みんなが似てるというなら公認でいいんじゃないですか。僕はあんまり似てないと思うけど……」と笑い、さらにゆでたまご中井が「ただの大阪弁だなって……」と渋い顔を見せ、公認は得られなかった。

お笑いナタリーをフォロー