お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

麒麟川島が朝ドラ「なつぞら」出演、優しくて努力家なアニメーター

148

2019年度前期連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合)に麒麟・川島が出演することがわかった。

4月1日(月)より放送される「なつぞら」は両親を戦争で失い、養父に連れられ北海道で育った奥原なつが草創期のアニメ業界で働く姿を描くもの。広瀬すずがヒロインのなつ、内村光良が“語り”を務めるのは既報の通りだ。

川島が演じるのは、元警察官という異色の経歴を持つアニメーター・下山克己。周りを楽しませるのが大好きな明るいキャラクターで、なつの優しい先輩だ。ディズニーアニメを独自に分析し、新しい動画表現を研究する努力家な一面も持つ。

川島は自身が演じるキャラを「何かトラブルがあっても温かく包み込もうとする、お鍋でいうところの“おだし”のような存在」と説明。「自分自身もコンビ名のごとく草食系の人間であり、口ゲンカすらできず、迷ったときは『おもしろい』というほうを選んできたので、等身大で演じさせていただいております」と役作りについて述べている。

なお本日3月1日の発表では、井浦新貫地谷しほり中川大志染谷将太渡辺麻友伊原六花小手伸也木下ほうか角野卓造の出演も明らかになった。

麒麟・川島 コメント

朝ドラのほうに一足早く「麒麟」がきてしまいました。演じさせていただく「下山さん」という方はいつも温厚で、何かトラブルがあっても温かく包み込もうとするお鍋でいうところの「おだし」のような存在です。自分自身もコンビ名のごとく草食系の人間であり、口ゲンカすらできず、迷ったときは「おもしろい」というほうを選んできたので、等身大で演じさせていただいております。不安もあったのですが、すごい共演者の方に囲まれ、最高のスタッフさんに支えていただき、今では撮影が楽しみで仕方ありません。「なつぞら」の放送を首を長くして待っててください。

お笑いナタリーをフォロー