庄司、TKOら芸人たちが自らの限界に挑戦

5月22日(土)に「有言実行バラエティ!タイムチャレンジャー」(関西テレビ)が関西ローカルで放送される。

「有言実行バラエティ!タイムチャレンジャー」番組ロゴ。

「有言実行バラエティ!タイムチャレンジャー」番組ロゴ。

大きなサイズで見る(全1件)

千原ジュニアがMCを務める同番組では、芸人たちが賞金獲得を目指して、50音にちなんだお題「50音ミッション辞典」にチャレンジ。出演者たちは各お題に対して達成に必要とする時間を設定し、入札制で挑戦者を決定していく。自分で自分に厳しい制限を課すことになるこの企画では、有言実行できなければ過酷な罰ゲームが待っている。

「50音ミッション辞典」には、“う=うなぎ うなぎ10匹手づかみで移し替え何秒で出来るか?”“お=おでん アツアツおでん3品何秒で食べきれるか?”などのお題がズラリ。まずは、1軍芸人の千原せいじ、TKO品川庄司・庄司、クワバタオハラハイキングウォーキングら8人が挑戦し、クリアできなかったお題はテレビにほとんど出たことがない若手芸人たちに挑戦権が移る。

芸人としての腕の見せ所にもかかわらず、明らかにやる気のないタイムで入札した千原せいじや化粧崩れを気にしたクワバタオハラに、ジュニアが「芸人魂のない奴はここから去れ!」と一喝するなど波乱の場面も。また、現在ドラマ「チーム・バチスタ2 ジェネラル・ルージュの凱旋」に出演中のTKO木下が、「て」のお題「電話・オカンに電話して、ツッコミをしてもらうまでの時間」で、「俺、芸人辞めて俳優になる」と母親に冗談を言うと、本気と思った母親が予想外のリアクションを取る場面も。

果たして1軍芸人たちは、超若手芸人たちの見本となる姿を見せることができるのか。数少ないチャンスを手にした若手芸人たちの活躍にも注目しよう。

リンク