お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

女が勝ちます!紅しょうが「漫才新人賞選考会」トップ通過、2位はコウテイ

429

紅しょうが (c)読売テレビ

紅しょうが (c)読売テレビ

昨日1月18日深夜、「漫才Lovers~ytv漫才新人賞選考会~ ROUND3」(読売テレビ)が放送され、紅しょうがコウテイが今年度末に開催予定の「ytv漫才新人賞決定戦」への進出を決めた。

「選考会」は、芸歴10年以内の漫才師を対象にしたお笑い賞レース「ytv漫才新人賞決定戦」に挑む6組を決める戦い。年度末までに3回行われ、各回から2組の決定戦進出者が選ばれる。昨日の「ROUND3」では、さや香、ニッポンの社長、ロングコートダディ、ヒガシ逢ウサカ、蛙亭らが火花を散らした。

今回1位に輝いたのは“ハイキング合コン”のネタを披露した紅しょうが。稲田は今までに比べてリラックスして勝負に臨めたことを勝因に挙げ、熊元プロレスは「去年、『THE W』という大会の決勝に出させてもらったときに、緊張が顔に出てしまっているのをお客さんや知り合いに指摘されてしまって。こんなに肩パット入れて熊元プロレスっていう名前でやってんのに、緊張を見せてしまったことがすごく恥ずかしくて情けなかった」と“緊張”が自分たちの敵だったことを強調する。また3月3日(日)に行われる「決定戦」に向けて稲田は「ひな祭りということなので女が勝ちます!」、熊元は「ぼんぼり付けて挑みたいなと思っております。そして会場を華やかに彩りたいなと思っております」と意気込んだ。

2位のコウテイは4回目の挑戦で初の「決定戦」進出。九条はライバルについて「からし蓮根は同期なんですが、NSCの頃からずっと勝てなかった。伊織の身長が低くなるように頭殴ったりとか、サンパチマイクをいじって音が出んようにしたりとかいろいろ試して、面白くなくしてたんですけど、それを超えてくるぐらい面白い。なんとか本戦で僕らが勝てたらいいですね」と語る。また「普通に全員とケンカしたら勝てるんちゃう? でも(セルライトスパ)大須賀さんがおるか! 空手してるわ」と物騒なことを言い始め、相方・下田も「大丈夫。うしろから殴ったら(笑)」と乗っかっていた。

「決定戦」では、たくろう、セルライトスパ、ネイビーズアフロ、からし蓮根、紅しょうが、コウテイが激突する。芸人たちの熱いバトルに引き続き注目しよう。

お笑いナタリーをフォロー