お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

髭男爵山田ルイ53世“不本意な日常”綴るエッセイ書籍化

108

髭男爵・山田ルイ53世のエッセイ集「一発屋芸人の不本意な日常」(朝日新聞出版)が1月4日に発売される。

今年2018年は著書「一発屋芸人列伝」(新潮社)が「第24回 編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」作品賞を受賞したほか「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」にノミネートされ、作家としても活躍した山田ルイ53世。このたび刊行されるのはWebサイト・withnewsの連載を大幅に改稿・加筆したもので、自ら「負け人生」と評した切なくも笑える日々をコミカルに綴っている。「一発屋芸人をテーマに二発目、もとい、二冊目を出版できることになりました。有難い話です」と喜ぶ山田ルイ53世のエッセイをこの本で堪能してみては。

髭男爵・山田ルイ53世 コメント

一発屋芸人をテーマに二発目、もとい、二冊目を出版できることになりました。
有難い話です。
一発屋は、人生のしおり、記憶のポストイット。
入学、卒業、結婚、出産といった人生の節目の場面には、
「そういえば、あの頃はあの芸人のギャグが流行っていたなー……」
と必ず僕達の姿があります。
この本もそうなれば幸いです。

髭男爵・山田ルイ53世著「一発屋芸人の不本意な日常」目次

Part1 僕は一発屋
“旬”ではないもの代表 / 一発屋のプライド / いつにも増して自分が出ていないテレビ / ドッキリと現実が入り交じるパラレルワールド / ゴミにサインを書いた日 / マスクで「芸能人きどり」 / 自らの不健康を祈る仕事 / 地方でもてはやされ、東京であしらわれ / ADが僕に渡したもの / 心霊ロケで手抜きお祓い / シルクハットを脱ぐタイミング / テレビ局で味わう「場違い感」 / 一発屋がおびえる宴会シーズン / 「不発」覚悟の新ネタ / 芸人泣かせ「食リポ」の舞台裏 / 家ロケで身を削る / オークションサイトに自分のサイン / 業界人にやたらモテる“世界観芸人”との格差 / 素人に負ける切ないハロウィン
Part2 下を向いて歩こう
芸人が絶望する夜 / 一発屋は最底辺の最高峰 / 暴走する“おいしい” / 「やっぱり駄目か」 の繰り返しを生きる / 人生、諦めが肝心 / 全てをくれたシルクハット / 負け人生を差し出すということ
※内容変更の可能性あり

お笑いナタリーをフォロー