お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

何をシックな色でまとめてるんだ!秋山が「グリンチ」イベントで大泉洋の服装に文句

128

「グリンチ」プレミア点灯式の様子。

「グリンチ」プレミア点灯式の様子。

昨日11月26日、アニメーション映画「グリンチ」のPRイベントが都内で行われ、日本語吹替版キャストのロバート秋山が登壇した。

来月12月14日(金)より全国公開される「グリンチ」は、ドクター・スースの児童文学をもとにした作品。不機嫌で孤独な主人公・グリンチが「クリスマスを盗む」という計画を企てるさまを描く。秋山がクリスマスを愛する男・ブリクルバウムに声を当てるのは既報の通りだ。

「プレミア点灯式」と題された昨日のイベントには秋山のほか、吹替キャストの大泉洋横溝菜帆宮野真守、日本版イメージソングを担当したPerfumeが出席。「グリンチ」をイメージした緑のイルミネーションに点灯した。

トークパートでは、大泉がグリンチと同じくらい捻くれた性格だという話題になり、秋山は「ただの実写」とイジる。大泉に「実写はあなただよ! 劇中のキャラとまったく同じ格好じゃないか! 恥ずかしくないのか!?」と反論されると、「これはコスプレだよ! (映画のイベントに来るときは)むしろ、こうであれよ! 何をシックな色でまとめてるんだ!」と激高。司会になだめられてもなお「畜生……」と大泉を睨みつけて会場の笑いを誘っていた。

登壇者たちがクリスマスの思い出を語る場面では、秋山が「中学生のとき、親父が家の裏の山全部にイルミネーションの飾りをして、近所中から『あの家ヤバい』って言われてました。どの街にも1つはイルミネーションがすごい家がありますけど、あれを凌駕するヤバいやつでした」と父親のエピソードを披露。杏は笑いながら「今回のキャラクターにピッタリですね」とコメントしていた。

(c)2018 UNIVERSAL STUDIOS

お笑いナタリーをフォロー