寛平ちゃんアースマラソン一時中断、治療に専念

本日4月15日、アースマラソンに挑戦中の間寛平がランを一時中断し、アメリカ・サンフランシスコにて放射線治療に専念することを表明した。

がん治療のためアースマラソンを一時中断する間寛平。イランでは多くの取材を受け、13日には宇宙にいる野口宇宙飛行士とTwitterでやりとりをするなど、アースマラソンを通じてさまざまな人たちとの交流を深めている。(c)間寛平アースマラソン製作委員会

がん治療のためアースマラソンを一時中断する間寛平。イランでは多くの取材を受け、13日には宇宙にいる野口宇宙飛行士とTwitterでやりとりをするなど、アースマラソンを通じてさまざまな人たちとの交流を深めている。(c)間寛平アースマラソン製作委員会

大きなサイズで見る(全2件)

寛平は現地時間の4月14日にイランを出国し、トルクメニスタンに入国。1月の前立腺がん発見からここまではホルモン治療を続けながら走ってきた。

放射線治療への移行に関しては、病状の悪化ではなく複数の医師や本人たちによる検討をふまえた上での判断。日本人医師の篠原克人教授のもと、医療の最先端であり技術者及び臨床例も多いアメリカ・サンフランシスコのカリフォルニア大学サンフランシスコ校 がんセンターにて約2カ月間の治療を予定している。

治療開始は4月20日からで、6月下旬にはトルクメニスタンに戻りランを再開する意向。今後もアースマラソンを続けるための前向きな治療ということだ。ファンはオフィシャルサイトなどを通じて応援を続けよう。

間寛平コメント

間寛平です。いつも応援していただいてありがとうございます。

病気のことで本当にみなさん、いろいろ心配をかけてすみません。今日4月14日にイランの国境をぬけて、トルクメニスタンに入ることができました。日本を出発して3万2500キロ、484日目になります。
ここでいったんアースマラソンを中断して、2カ月間放射線治療に、アメリカに行くことに決めました。急に悪くなったからという訳ではありませんから、心配しないでください。
アースマラソンを完走するために決めました。そして僕自身のためにも決めました。

トルコのお医者さんが薬でホルモン治療を受けながらでも走れる、と聞いていましたけど、がんがわかってから僕の嫁とスタッフがいろんな先生に病気のことについて相談しました。その結果、次の段階、放射線治療をアースマラソンを完走するためには、今やった方が一番い良いんじゃないかと、そう、聞きました。トルクメニスタンには進んだ医療がなく、最先端の技術があるアメリカを選びました。

日本にゴールするのが少し遅れますけど、必ずここへ帰ってきます。治療中は毎日スタッフがブログをあげます。そして嫁もあげてくれます。ぼくもツイッターをやってますので、つぶやきます。早く走る姿をみんなに見てもらえるように頑張ります。アメリカに着いたら先生と一緒に皆さんに報告します。

がんばって行ってきます!みなさん待っていてください!必ずこのトルクメニスタンには帰ってきます!そして日本にはゴールしますので、またよろしくお願いします。
行ってきます!

この記事の画像(全2件)

間寛平のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 間寛平 の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。