お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

吉本ヒーロータイムが初のルミネ開催、特撮あるあるネタに渡部秀と三浦涼介が爆笑

3825

左からタモンズ安部、イチキップリン、三浦涼介、渡部秀、しいはしジャスタウェイ、はりけ~んず新井。

左からタモンズ安部、イチキップリン、三浦涼介、渡部秀、しいはしジャスタウェイ、はりけ~んず新井。

去る8月1日、「吉本ヒーロータイム in ルミネ」が東京・ルミネtheよしもとで開催された。

「吉本ヒーロータイム」は、はりけ~んず新井、タモンズ安部、御茶ノ水男子しいはしジャスタウェイ、イチキップリンからなる特撮好きな吉本芸人によるユニット、および彼らが行うライブイベント。2013年より始動し、池袋・GEKIBA、神保町花月を経て、これが初のルミネtheよしもとでの開催となった。今回はゲストとして2010年から2011年にかけて放送された「仮面ライダーオーズ / OOO」で仮面ライダーオーズ / 火野映司役を務めた渡部秀と、アンク役の三浦涼介が出演し、LLR福田がMCを担当する。

渡部、三浦が役名義で歌唱する楽曲「Time judged all」が流れる中、後方扉から渡部と三浦が客席通路を通りステージに登場すると、観客からは悲鳴にも似た歓声が。吉本ヒーロータイムの面々はこの日2人とステージ上で初めて顔を合わせたということで、やや緊張の面持ちながら興奮を隠せない様子でイベントはスタートした。まず渡部、三浦を囲み、トークコーナーへ。事前に観客から集められたアンケートから2人への質問が次々に投げかけられ、「仮面ライダーオーズ / OOO」のオーディションの裏話やお互いの第一印象、お互いに入れ替わったら何をしたいか、今後また共演するなら演じたい役柄などの話題が展開されていく。

「仮面ライダーオーズ / OOO」が復活するとしたらテレビシリーズ、映画、Vシネマのどのような形式がいいか?という質問には、三浦がボソッとつぶやいた答えを渡部が「舞台?……ミュージカルでやりたいって言ってます」と通訳。これには吉本ヒーロータイムの面々が揃って「新しいっすね!」「“オーミュ(オーズのミュージカル)”ですか!」と膝を打つ。新井は「タートーバー タトバ タートーバー」と「仮面ライダーオーズ / OOO」のフレーズをミュージカル調で高らかに歌い上げ、爆笑を誘った。また「舞台化されたとしたら、絶対にアンクは(宙に)吊られますよ!」と、特撮ファンならではの予想にも花が咲く。

6月に行われた「吉本ヒーロータイム」には、同じく「仮面ライダーオーズ / OOO」より岩永洋昭、君嶋麻耶がゲスト出演していた。岩永が君嶋をよくお姫様抱っこしているという話題になり、「渡部さん、三浦さんはお姫様抱っことかはしないんですか?」という客席からの質問が読み上げられると、渡部が三浦を軽々と抱っこして客席を沸かせる。ここに体格のいい安部が「じゃあすいませんが(自分も抱っこして)……」とリクエストして笑いを起こした。

トークの終盤では渡部が変身ポーズを披露。安部らがオーズの敵・ヤミーに扮してみせると「“吉本ヤミー”がいるぞ!」と渡部が三浦に語りかけ、劇中さながらに三浦が渡部に変身アイテムのメダルをパス。それを受け取り渡部はしっかりと変身ポーズを決めてみせた。さらにアンクの好物であるアイスを新井が手渡し、2人が頬張る場面も。

そしてライブパートでは、漫才、ショートコントを順に披露。新井と安部は「仮面ライダーオーズ / OOO」に登場するキャラクターがもし“はじめてのおつかいを”したら?というテーマのもと、それぞれのキャラの個性を活かした漫才でファンの心を掴む。また先日発表されたばかりの新番組「仮面ライダージオウ」に掛けたネタも用意された。続くしいはしとイチキップリンはショートコント「特撮ヒーローファンあるある」を展開。子連れで赴いたヒーローショーの撮影会で思わず自分も大喜びで参加してしまう親、カラオケで「仮面ライダー」シリーズの主題歌を選曲するが2番以降が歌えない人など、特撮ファンの細かな特徴をとらえたネタで観客は頷きながら爆笑。客席では渡部、三浦も笑顔でそのステージを見守っていた。

ゲームコーナーでは新井、しいはし、渡部のオーズチームとイチキップリン、安部、三浦のアンクチームに分かれ、ジェスチャーゲームと、大きく膨らむ風船を次々にパスしていく古今東西ゲームを展開。ジェスチャーゲームでは「仮面ライダーオーズ / OOO」に登場するキャラクターやアイテムがお題として提示され、イチキップリンは自動販売機からバイクに変身するマシン「ライドベンダー」の動きをキレよく表現して称賛を浴びる。また三浦は「映司」というお題でパンツを指差して強調してみせた。続く古今東西ゲームでは勢いよく割れた風船の音に驚き、三浦が舞台裏に逃走してしまうひと幕も。いずれのゲームもオーズチームが勝利し、新井、しいはし、渡部はハイタッチして喜びあった。

最後に「あなたにとってヒーローとは?」という、本イベント恒例のお題で色紙を書くコーナーに。三浦が「わたなべしゅう」と書くと客席からは拍手が。照れたような顔を見せつつ、渡部が再度三浦をお姫様抱っこをすると、さらに大きな歓声が起こった。渡部は以前出演した際に「百転び百一起き」という言葉を色紙に残していたが、芸人たちの声かけにより今回も一筆書くことに。渡部が色紙に「みうらりょーすけ」と書き、2人の仲睦まじい関係をうかがわせた。幕が下りたあとも客席からの拍手は鳴り止まず、急遽出演者がカーテンコール。福田は「こんなのルミネtheよしもと始まって以来ですよ! 裏でスタッフが『え、どうしたらいいの?これ!』ってアタフタしちゃって大変でしたよ!」と笑わせ、大盛況の中でイベントは終演した。

お笑いナタリーをフォロー