お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

バカリズムがSRATM新作の制作裏話「不思議な歌詞の作り方でした」

475

左から砂原良徳、バカリズム、TOWA TEI。

左から砂原良徳、バカリズム、TOWA TEI。

TOWA TEI砂原良徳バカリズムによる音楽プロジェクト・Sweet Robots Against The Machineが、ニューアルバム「3」のリリース記念イベントを7月17日に東京・タワーレコード渋谷店B1F CUTUP STUDIOで実施した。

Sweet Robots Against The Machineは、TOWA TEIの別名義プロジェクトとして、1997年に1stアルバム「SWEET ROBOTS AGAINST THE MACHINE」、2002年に2ndアルバム「TOWA TEI」をリリース。今年5月にバカリズムと砂原良徳が加入することを発表した。

イベントでは新曲のミュージックビデオが上映されたあと、Sweet Robots Against The Machineの3人がトークを展開。TOWA TEIは、今回のアルバムをバカリズムとのユニットとして制作するつもりだったことを明かし、「最初は『バカリトウワ』って呼んでいて。会話やポエトリーリーディングにオケをつけることをしようかと思ってたら、段々肩が凝ってきてしまった(笑)」と裏話を語る。

アルバムのリード曲「ダキタイム」の話題になると、作詞を担当したバカリズムは「(ゲストボーカルの)夏帆さんと会話するという想定で書きました。不思議な歌詞の作り方でした」「夏帆さんと僕の掛け合いがトラックにピタリと収まったときは感激しました」と制作中を回想。また砂原は「METAFIVEのライブで、ファンの方とハグするコーナーがありまして。テイさんがそのパートをダキタイムと呼んでたんです」と意外なタイトルの由来を説明した。

MCから印象に残ってる収録曲は何か尋ねられたバカリズムは6曲目の「非常識クイズ」を挙げる。これは砂原が西海岸をイメージして作ったトラックの上で、バカリズムが女性の質問に答えていく楽曲。バカリズムが「アルバムの中では、僕の通常営業に一番近い感じです!」とコメントすると、砂原は「クイズの正解音はウルトラクイズ風にしています。しかも『3』にちなんで、チャイム音も3回鳴らしてまいす」と細かいこだわりを解説していた。

「3」収録曲

01. フューチャリズム(Futurism)
02. ダキタイム(Dakitime)
03. サセル体操(Gymnastics to make)
04. 覚えてはいけない九九(Do not remember 99)
05. アニマル(Animal)
06. 非常識クイズ(Insane quiz)
07. 捨てられない街角(Boxes)
08. レイディオ(RADIO)
09. 集会(Assembly)
10. かわいい(Kawaii)

お笑いナタリーをフォロー