吉本興業×下川町、厳かな会見でも千鳥節炸裂「アロマ焚いてる会見場、クセがすごい」

221

吉本興業が「SDGs(Sustainable Development Goals)」を推進するために北海道下川町と連携協定を締結。この発表会見が本日7月2日に吉本興業東京本社で行われ、西川きよし木村祐一ガンバレルーヤ、司会の千鳥が出席した。

左から千鳥、木村祐一、西川きよし、ガンバレルーヤ。

左から千鳥、木村祐一、西川きよし、ガンバレルーヤ。

大きなサイズで見る(全11件)

左から吉本興業代表取締役社長・大崎洋氏、下川町長・谷一之氏。

左から吉本興業代表取締役社長・大崎洋氏、下川町長・谷一之氏。[拡大]

2030年に向けて世界規模で取り組まれている「SDGs」は、「持続可能な農業を推進する」「貧困をなくす」「ジェンダーの平等を達成する」といった17の“持続可能な開発目標”を総括したもの。SDGsの達成に向けて優れた取り組みを行っている企業・ 団体などを政府が表彰する「ジャパンSDGsアワード」第1回では、最高賞にあたる「SDGs推進本部長(内閣総理大臣)賞」を下川町、特別賞にあたる「SDGsパートナーシップ賞」を吉本興業が受賞した。

今後、吉本興業と下川町は「プロジェクト“下川町株式会社”」を実施する。これは吉本興業がコンテンツ力、プロモーション力、デジタル展開力などの強みを生かして、下川町の魅力を最大限に引き出す取り組み。活用されていない地域資源に新しい価値を加えながらSDGs達成に貢献することを目指す。

会見の司会を務めた千鳥。

会見の司会を務めた千鳥。[拡大]

会見ではまず、千鳥ノブが「アロマを焚いてる会見場……クセがすごい!」と幻想的なセットをイジって笑いに。また下川町長・谷一之氏や、吉本興業の代表取締役社長・大崎洋氏の厳かな挨拶が続いたあと、その感想を聞かれた大悟は「本当にそうだなあって感じです……」と返し、ノブから「うしー(薄い)なー。『そうだなあ』はコメント史上一番うしーぞ」とツッコまれた。

「こんなフォーマルな会見に呼ばれたことがない」というガンバレルーヤは終始そわそわした様子。よしこは「言ってはいけないことを言ってしまいそうです」とコメントし、木村から「言ってはいけないことが何か、わかってるってことやないか」とツッコまれる。また、まひるは「SDGsは国連が掲げる目標ということで、最初は難しいのかなと思っていましたが、学んでみると、私たちでもすぐにできることもありましたし、まずは知ることが大切なんだとわかりました」とゆっくりと真剣に語るが、会場からはクスクスと笑いが。大悟は彼女を「マジメにしゃべってウケるという最強の芸人。ジミー大西さん以来の逸材」と称賛した。

トマトを食べる(左から)木村祐一、ガンバレルーヤ。

トマトを食べる(左から)木村祐一、ガンバレルーヤ。[拡大]

名産品の紹介コーナーでは、一同が下川町のトマトを試食することに。木村が「甘くておいしい。あとから酸味がくるけど、甘みを消さない程度」と丁寧に味の感想を伝える一方、よしこは「お肌によさそうですね。私は首にイボが40個あるんですけど……」と話し、ノブから「今、イボ40個の話はいい! イボ40個の話は新聞に載らない!」とトークを制される。一方、まひるはトマトジュースを一気飲みすると「おいしい」とニッコリ。のほほんとした口調を、千鳥から「あなた、おばあちゃんに育てられました?」「話し方がずっと『日本昔ばなし』のトーン」とイジられていた。

「小さなことからコツコツと!」と言う西川きよし。

「小さなことからコツコツと!」と言う西川きよし。[拡大]

会見の最後に登場した西川きよしは、司会席に駆け寄り「千鳥もこんな大きな会見の司会をするようになったんやなあ!」と興奮気味に語る。今回の取り組みについては「あの吉本興業がこんなに世のため、人のためになるとは……」と述べるが、自分が吉本新喜劇の“通行人A”をやっていた頃の話へ徐々にスライド。大悟は「そこからの“師匠ヒストリー”は長すぎる!」「『小さなことからコツコツと』をやってはよ帰ってください!」と言い放ち、取材陣の笑いを誘っていた。

※大崎洋の「崎」は「たつさき」が正式表記。

この記事の画像(全11件)

千鳥のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 千鳥 / 木村祐一 / 西川きよし / ガンバレルーヤ の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。