お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

カラテカ入江、キーワードは「WBC」仕事で自分を変えたい人へメッセージ

20

カラテカ入江

カラテカ入江

カラテカ入江が昨日5月24日、自著「入江式 のしあがる力(ちから。)」(ゴマブックス)の刊行記念講演会とサイン会を東京・八重洲ブックセンターで開催した。

約1万人の人脈を持つ入江が年間約100人の社長との会食を通して培ったビジネスでのし上がるための35の方法を記した本書。イベントでは「就職・転職を考えている人にリアルアドバイス」をテーマに、“デキる社会人”の心得をレクチャーした。

世渡りの秘訣として「サービス精神が一番大切」と強調した入江は、「WBC」という独自のキーワードについて説明する。「相手のことをどれだけ考えるかが大事。『W(笑い)B(びっくり)C(チェック)』。明るかったらチャンスが来るし、いいオーラが出る。暗かったらすべてが終わっちゃう」と述べた。

「3年前くらいから講演会の仕事が増えてきて、今では週4回くらいは講演会。地方でもかなりやってる」という入江。「自分がどこの方向に向かってるかわからなくなってる」と冗談交じりに話す場面も。「就職先を紹介してほしい人は残ってください!」と参加者から名刺を受け取り連絡を約束したり、大勢の希望者に向けて懇親会を開いたりと、語っていた通りのサービス精神を発揮していた。

入江は「入江式 のしあがる力(ちから。)」について、「お笑い芸人というよりは、ほとんどビジネスマンとしての立場で書いている本です。特に30代、中間管理職になって、上にも下にも気を使わなければいけない人たちに読んでほしい」とコメント。「仕事で自分を変えたい人、今なんとなく上手くいっていないなあと感じている人がこの本を読んで何かを変えるキッカケになってくれるとうれしいです!」とメッセージを送った。

お笑いナタリーをフォロー