お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

新劇場「ポストよしもと」会見でスーパーマラドーナ田中が場を荒らす

229

「ポストよしもと」概要発表会見の登壇者たち。

「ポストよしもと」概要発表会見の登壇者たち。

本日3月29日、よしもとの新劇場「ポストよしもと」の概要発表会見が同劇場にて行われた。

明後日3月31日、大阪・西梅田スクエアにオープンする「ポストよしもと」。従来の寄席を中心とした劇場とは違い、あらゆるジャンルのエンタテインメントにおける新たな才能の発掘、育成、確立を目指す。銀シャリがMCを務めた本日の会見には、秀でた特技や個性的な趣味を持つ芸人としてダイノジ大谷、スーパーマラドーナ藤崎マーケットダブルアート真べぇ、R藤本、森本大百科、ウエスPらが登壇した。

10年前からDJを続けているというダイノジ大谷は「芸人みんながエンタテインメントの仕事でごはんを食べられるようになればいい。そのためにできる限りのことはしていく」と宣言したが、真面目に語りすぎたのか「1回も笑いをとれず……」と苦笑い。スーパーマラドーナ田中から「面白かった!」との声が飛ぶと、「一番傷つくわ!」と返して取材陣の笑いを誘う。田中は、相方・武智が「ボクシングが好きなのでチャンピオンを招いてのイベントをしてみたい。あとはAV女優や男優を呼んでの対談も」と話しているときも、なぜか恐怖体験を語り出して場を荒らしていた。

その後も芸人たちは、自分が出演する予定の「ポストよしもと」でのライブを告知。最後はウエスPが股間の上で行う特技“危険なテーブルクロス引き”を成功させ、会見を締めくくった。

お笑いナタリーをフォロー