お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

トキが仮想通貨、ほんこんがサーフィンを熱く語った「ポストよしもと」こけら落とし

137

藤崎マーケット・トキ

藤崎マーケット・トキ

昨日3月31日、よしもとの新劇場「ポストよしもと」にて、こけら落とし公演「語ルシス」が開催された。

大阪・西梅田スクエアにオープンした「ポストよしもと」は、あらゆるジャンルのエンタテインメントにおける新たな才能の発掘、育成、確立を目指す劇場。スマイル瀬戸がMCを務めた昨日の公演では、芸人や文化人が1人10分の持ち時間で、好きなことや伝えたいことを熱く語り、バッファロー吾郎・竹若、平成ノブシコブシ徳井、福本愛菜が聞き手を務めている。

ライブではまず、スマイル・ウーイェイよしたかが「なぜトップバッター!?」と言いながら登場し、結婚後の不満をさまざまなエピソードと共にぶちまけて、会場を盛り上げる。続いて「昨年、お先にガンさせてもらった」という藤崎マーケット田崎が「ガンから復活した男 藤崎マーケット田崎が語る人間ドックのススメ」と題して、人間ドッグの大切さや意外な落とし穴を伝えた。

また、ほんこんは「このライブの話を昨日聞いた」「政治経済のことを話そうとしたけど、このライブが配信されることをさっき知って話せなくなった」ということで、急遽サーフィンを語ることに。最初はボヤいていたが、貫禄の話術でしっかりと観客を引き込み、聞き上手ゲストの3人を感心させていた。

藤崎マーケット・トキは貨幣や経済に関するトークを軽快に展開し、最終的に「やっぱり仮想通貨はいい」という結論を導き出し、竹若たちから一斉に「盗まれてたじゃないか!」とツッコまれる。彼は「銀行だって強盗に入られる可能性はあるだろ!? 仮想通貨と一緒じゃないか!」「NEMの件はホンマにレアケース」と反論する一方、「あの事件があった直後の『あさパラ!』収録では、落ち込みすぎてハイヒール・モモコさんの顔がコインに見えた」という本音も明かして、会場の笑いを誘った。

途中には、若手芸人たちが短いプレゼンでどれだけ聞き手の興味を持ってもらえるかを争うコーナー「目指せ!語ルシス 若手プレゼンショー」も実施されている。ここでは8人のエントリー者から勝ち抜いたパンヂー陳、おパンプキン・おりいかえで、リルガーデン山西が決勝へ。聞き手ゲストによる審査の結果、宇宙に関するさまざまな雑学をプレゼンしたおりいかえでが優勝。彼女は「あと3時間くらい語れるんで営業などお待ちしております!」とアピールしていた。

ほかにもコロコロチキチキペッパーズ・ナダル、ロングコートダディギャロップからし蓮根、元サッカー選手・近藤岳登、弁護士・角田龍平らが伝えたいトピックを熱弁。一同驚愕のゴシップを実名で暴露したダブルアート・真べぇ、今後やってみたい企画をプレゼンした吉田たち・ゆうへいなど、別角度からトークを展開する出演者もいた。「ポストよしもと」では今後も、来場者の知的好奇心を満たすようなイベントが多数開催されるので、ぜひ足を運んでみよう。

お笑いナタリーをフォロー