お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ニッチェ江上「犬猿」での壮絶なケンカシーン回想、筧美和子の髪4本抜いた

185

「犬猿」初日舞台挨拶の登壇者たち。

「犬猿」初日舞台挨拶の登壇者たち。

本日2月10日、映画「犬猿」の初日舞台挨拶が東京・テアトル新宿で開催され、ニッチェ江上が登壇した。

「犬猿」は、2組の兄弟・姉妹の関係に変化が訪れ、衝突がエスカレートしていくさまを描く作品。印刷会社に勤める真面目な青年・金山和成を窪田正孝、その兄でトラブルメーカーの卓司を新井浩文、見た目は悪いが頭のよさで家業の印刷工場を切り盛りしている幾野由利亜を江上、その妹で容姿と人当りがいい真子を筧美和子が演じた。舞台挨拶にはキャスト4人と、監督の吉田恵輔が出席している。

江上と筧は姉妹ゲンカのシーンに本気で臨んだらしく、筧が「セリフじゃない罵倒もありましたよね」と笑いながら回想。江上も「服や髪を引っ張るっていう。たぶん筧ちゃんの髪の毛4本くらい抜いたんじゃないですかね。それくらい本気でやってました」と撮影を振り返る。一方、吉田監督は「俺はヘッドロックをかけられてる筧ちゃんを一番かわいいと思った」と語り、江上から「ただの癖(へき)でしょ! そういう趣味だっただけじゃないですか!」とツッコまれていた。

また登壇者たちの兄弟・姉妹にまつわる話題に移ると、江上は「『ニッチェ 江上 弟』で検索してもらえればわかります」と見た目がそっくりだという弟に言及して笑いを誘う。そして最後は「こんな私が、こんなに素晴らしい作品に携われるなんて最初で最後かもしれないので、ぜひいろんな人に宣伝してください。私もめちゃめちゃ映画館に観に来るので!」と改めて作品をPRした。

(c)2018『犬猿』製作委員会

お笑いナタリーをフォロー