お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

ニッチェ江上、“妹”筧美和子を心配「おっぱい出すぎじゃない?」

49

左から監督の吉田恵輔、キャストの筧美和子、窪田正孝、新井浩文、ニッチェ江上。

左から監督の吉田恵輔、キャストの筧美和子、窪田正孝、新井浩文、ニッチェ江上。

ニッチェ江上が昨日1月16日、自身の出演する映画「犬猿」のプレミア上映会に参加した。

「犬猿」は古谷実のマンガ「ヒメアノ~ル」を映画化した吉田恵輔の4年ぶりとなるオリジナル脚本作。印刷会社に勤める真面目な青年・金山和成(窪田正孝)と乱暴者でトラブルメーカーの兄・卓司(新井浩文)、見た目は悪いが頭のよさで家業の印刷工場を切り盛りしている幾野由利亜(江上)と容姿と人当りのよさで人気者の妹・真子(筧美和子)という2組の兄弟・姉妹の関係に変化が訪れ、衝突がエスカレートしていくさまを描く。

由利亜役の江上は「見た目がよくない姉の江上です!(笑)」と元気よく挨拶。「本格的な女優業は初めてだったので、オファーが来たときは『なぜ私が?』と思ったんですが、台本をいただいたら役名の下に『太ってて容姿の醜い女性』とあってすぐに『そういうことか!』と思いました」と自虐的に述べつつ、「でも、読んでいくうちに感情移入して泣けてしょうがなかったです」と語った。

また妹・真子を演じた筧については「そのまんまの方でした。想像していた筧美和子そのまま」とコメント。撮影が終わってからも「『ちょっとおっぱい出すぎじゃない? 隠せ隠せ!』とか、ほかの人がしゃべっているのにボーっとしてて『ここ、しゃべるとこ!』ってヤキモキしたり」とテレビなどで筧を見かけるたびに本当の姉のように心配してしまうことを明かす。筧も「(江上と)本当の姉妹のような関係になれて、ありのままの姿でいられました。ケンカのシーンでも全力でやってくれて、私も遠慮なくできました」と振り返った。

「犬猿」は2月10日(土)、東京・テアトル新宿ほか全国にて公開される。

(c)2018『犬猿』製作委員会

お笑いナタリーをフォロー