「火花」舞台化、又吉が本人役で出演「面白い仕掛け」神谷役はノンスタ石田

4

1019

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 310 691
  • 18 シェア

ピース又吉の小説「火花」が舞台化され、観月ありさが主演を務めるほか、俳優の植田圭輔、NON STYLE石田、そして又吉自身も出演することが本日1月19日に明らかとなった。

舞台「『火花』~Ghost of the Novelist~」に出演する、ピース又吉。

舞台「『火花』~Ghost of the Novelist~」に出演する、ピース又吉。

大きなサイズで見る(全5件)

又吉はこの舞台に本人役で登場。主演の観月も本人役だが「観月ありさ本人のようであって本人ではない。女優さんの役という不思議なシチュエーションなので、面白く演じられるようにがんばりたいと思います」とコメントしている。

植田が原作の主人公でもある芸人のスパークス徳永役で、石田が徳永に慕われる先輩芸人のあほんだら神谷役。なおこの舞台を演出するのは数々のバラエティ番組制作に携わる小松純也氏だ。

東京公演は東京・紀伊國屋ホールで3月30日(金)から4月15日(日)まで、大阪公演は大阪・松下IMPホールにて5月9日(水)から5月12日(土)まで。チケットは各種先行販売の受付が1月20日(土)11時より開始され、2月10日(土)10時に一般発売される。詳しくはオフィシャルサイトにて確認を。

ピース又吉 コメント

──親交のある観月ありささんとの共演について、感想や期待されていることは?
うれしいというか、光栄ですね。でも、怖さもあります。すごい人ですからね、観月さん。以前に番組で共演させてもらってから、とても仲良くしていただいています。出演するにあたって、楽しみとは言ってくれています。観月さんとはお酒の席で会うことが多いんですよ。なので、今回の話があって、久々に酔ってない観月さんに会いました(笑)。お互いにそうなんですけどね。

──作家・又吉直樹ご本人として出演されますが、ご感想は?
なるほどな、というか。自分が呼ばれた理由がわかりましたね。すごく面白い仕掛けだなと思いました。これを実現するならば、やっぱり僕がいたほうがいい。ややこしくなるやないですか、又吉役でまた別の役者さんが演じてると(笑)。自分が小説で書いたものを、別の形にしてくれる機会もなかなかないですし、その中で全然違うアプローチの仕方がまだ残っていて。そのアプローチを僕自身が観たい気持ちもあります。そのためには、自分が参加しないと、というところですね。

──小説「火花」とは違う“舞台「火花」”の魅力は?
映画やドラマ、マンガなど、いろいろな形にしていただきましたけど、今回の舞台がもしかしたら一番斬新で、「火花」に新しい光を当ててくれるんじゃないか。これから一緒に作っていくんですけど、より「火花」の内面に踏み込めるかも知れないですね。だから原作を読んだ方も、より楽しんでいただけるのではないかと思います。

──最後に見どころをお願い致します!
観月さんが出てくださるということももちろんですが、僕自身が作者役として出ることで、すでに場の空間が歪んでいると思うんですよ。原作にあるものをみんなが完全に演じるというわけじゃなく、プラスして書いた側の感覚が混ざってくる。でも僕も芸人なので、登場人物とも重なったりする。あと、石田くんは、漫才でチャンピオンになったことのある男なんです。「火花」の中にはチャンピオンが出てこないので、途中の人間を石田くんが演じることも個人的には面白いなと思っていますね。石田くんにもチャンピオンになる前の人生があるので、そういうことを考えていくといろいろな楽しみ方ができるんじゃないかな。いろいろな見方ができる作品になると思います。

NON STYLE石田 コメント

NON STYLE石田

NON STYLE石田[拡大]

──「火花」に出演することの感想は?
同期の又吉に迷惑かけないようがんばります。

──自身が演じる「神谷」の印象は?
僕とは違う芸人像やからこそ稽古を通じて共通点を見つけたいです。

──芸人が芸人役を演じることについては?
又吉が描きたかった奥深いところに手が届くようがんばります。

──後輩のスパークス徳永役を演じる植田圭輔さんと会ったことは?
ビジュアル撮影のとき、入れ替わりで一瞬だけ会いました。期待することは目の保養です(普段、隣があいつなので)。

舞台版「火花」あらすじ

ステージに立ち、語り始めた「火花」の原作者又吉。そこに女優観月ありさが現れ又吉を抱き締める。
又吉を愛しているという観月はその愛と引き換えに「火花」を私に下さいと言う。
「作者」観月によって語られる火花の物語は小説の世界をなぞりつつ、歪めつつ、又吉の原作世界の核心をあぶり出してゆく。

この記事の画像(全5件)

「火花」~Ghost of the Novelist~

東京公演
日程:2018年3月30日(金)~4月15日(日)
会場:東京・紀伊國屋ホール
大阪公演
日程:2018年5月9日(水)~5月12日(土)
会場:大阪・松下IMPホール

料金:全席指定一般8000円 全席指定学生5000円(平日公演のみ)
チケットは、チケットよしもと、東京音協オンラインチケット、チケットぴあ、ローソンチケット、イープラス、紀伊国屋ホールにて取扱。
問合せ:チケットよしもと(TEL:0570-550-100。10:00~19:00)

脚本・演出:小松純也
<出演者>
観月ありさ / 植田圭輔 / NON STYLE石田 / ピース又吉 ほか

全文を表示

読者の反応

  • 4

不健康運動 @fukenko_undo

「火花」舞台化、又吉が本人役で出演「面白い仕掛け」神谷役はノンスタ石田 - お笑いナタリー
えーーこれは斬新なストーリー!! https://t.co/PK09fxWmOT

コメントを読む(4件)

関連記事

ピースのほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのお笑いナタリー編集部が作成・配信しています。 ピース / NON STYLE の最新情報はリンク先をご覧ください。

お笑いナタリーではお笑い芸人・バラエティ番組のニュースを毎日配信!ライブレポートや記者会見、番組改編、賞レース速報など幅広い情報をお届けします。