お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

財布なくしたドランク塚地、映画イベントで呼びかけ「見つけたら近くの交番に」

78

昨日12月17日、映画「嘘八百」の完成披露試写会が東京・イイノホールで行われ、友近ドランクドラゴン塚地、坂田利夫らが登壇した。

「嘘八百」は、中井貴一佐々木蔵之介のダブル主演作。中井演じるイカサマ古物商・則夫と佐々木演じる落ち目の陶芸家・佐輔が骨董オークションの会場で出会い、タッグを組んで一攫千金を狙う様子を描く。昨日のイベントにはキャストの中井、佐々木、森川葵前野朋哉堀内敬子木下ほうか芦屋小雁近藤正臣、監督の武正晴も登壇した。

佐輔の妻を演じた友近は、冒頭の挨拶で「藤原紀香です」とさっそくひとボケ。撮影については「ひなたぼっこをしているような穏やかな現場で本当に楽しかったです。私はおじさんとおじいさんが大好きなので、渋い方がたくさんいて最高の現場でした。“やすらぎの郷”って感じ」と振り返る。

千利休を愛する学芸員役の塚地は「役のモデルになった方がいた」と明かした上で、「役作りはしてないんです。モノマネしてるだけ。楽しくできました」とすんなりキャラクターに入り込めたことをアピール。また「それとは別に……金曜日に財布を落としてしまって。青色の長財布なんですけど、見つけた方いたら近くの交番に届けるようお願いします」と観客に呼びかけて笑いを誘っていた。

佐輔の友人で飲み屋「土竜」に集うよっちゃんを演じた坂田は「僕が今日ここに来た目的はね、結婚相手を探すためなんです。独身ですねん。大阪には(相手が)おらんから東京で見つけなあかん。なんでも言うてくださいよ。なんでも買いまっせ。今年は諦めたけど、来年は絶対に結婚しますよ!」と暴走気味に。中井からは「師匠、舞台挨拶です」と冷静にツッコまれていた。

映画「嘘八百」は、来月1月5日(金)より全国ロードショー。

※記事初出時、本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

(c)2018「嘘八百」製作委員会

お笑いナタリーをフォロー