お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

爆笑問題太田が草なぎ剛出演の短編で監督「未開の地に降り立ったような感じ」

811

爆笑問題・太田が、オムニバス映画「クソ野郎と美しき世界」に監督として参加することが明らかに。太田は草なぎ剛が出演する「episode.3」を手がける。

「クソ野郎と美しき世界」は4つのエピソードで構成され、それぞれ4人の監督が脚本を書き、演出する短編オムニバス。4月6日(金)に封切られ、全国86館で2週間限定上映される。

今回の発表にあわせて、太田は「『新しい地図』というくらいですから未開の地に降り立ったような感じです。どこに宝が埋まっているかわからないところを一歩一歩、歩きながら探すような感じで映画をつくっていけたら楽しいかなと思います。もしかしたら地雷が埋まってるかもしれません」、草なぎは「監督、太田光さんに期待してます。とても楽しみです。よろしくお願いします」とコメントした。

太田のほか、園子温稲垣吾郎出演のエピソードを、山内ケンジ香取慎吾出演のエピソードを、映像ディレクターの児玉裕一が“クソ野郎★ALL STARS”出演のエピソードを担当する。

※草なぎ剛のなぎは弓へんに前の旧字体、その下に刀。

お笑いナタリーをフォロー