お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

あらびき団4時間SPにライト東野「疲れきりました」レフト藤井は視聴者と戦友

1980

「朝まであらびき団SP あら-1グランプリ2017」に出演する、レフト藤井(左)とライト東野(右)。

「朝まであらびき団SP あら-1グランプリ2017」に出演する、レフト藤井(左)とライト東野(右)。

ライト東野こと東野幸治とレフト藤井こと藤井隆がMCを務めるバラエティ特番「朝まであらびき団SP あら-1グランプリ2017」(TBS)の収録が本日12月13日に東京・TBSに行われ、2人が記者取材に応じた。

あら削りな一芸を持ったパフォーマーを紹介する番組「あらびき団」が今月12月29日(金)、4時間のボリュームで深夜にあらびき芸を届けるのは既報の通り。この日展開されるのは来年2018年のブレイク芸人を発掘するための賞レース「あら-1グランプリ」で、出場者たちは3代目王者を目指す。初代王者はバターぬりえ、2代目王者はハリウッドザコシショウだった。

このたび出場するのは「ザコシショウ軍団」を率いるというザコシや、かまいたちキュートン野性爆弾くっきー、庄司智春、天竺鼠・川原、友近にゃんこスターマヂカルラブリーほか45組。彼らのネタを見届け終えた東野は「疲れ切りました」と打ち明けて取材陣の笑いを誘ったほか、4時間の放送について「個人的には4時間である必要はない(笑)」と話し、藤井は「最初は生放送でやる案もありましたが、恐怖でしかない」と明かした。

賞レースにつきものの「敗者復活枠」が「あら-1」にも設けられているが、東野は「もしかしたらひた隠しにされるかもしれませんが、敗者復活枠に不正がありました! 『あらびき団』は汚れてます! スタッフと衝突しました。そこからは地獄でした」と告発し、藤井も「最悪な形となった」と同調する。「何があったかはオンエアで確認してください。オンエアされなかったら10年、口を閉ざします」と東野がアピールする“不正”とは一体なんなのか。

記者取材の終盤、東野は「最近のお笑い界の風潮は、コンテストがあると笑いと感動だけど、『あら-1』は、これっぽっちもない! OLさんは免疫力が低下しているときに観ると帯状疱疹が腰のあたりに出るかもしれない(笑)」と警告。藤井は視聴者へ向けて「4時間って、なかなかご一緒できない時間。“戦友”というか、一緒に応援していただき、戦っていただければ」と呼びかける。45組のあらびき芸と東野と藤井によるコメント、敗者復活にまつわるいざこざなど波乱の予感満載の4時間をお楽しみに。

朝まであらびき団SP あら-1グランプリ2017

TBS 2017年12月29日(金)23:50~27:50
<出演者>
MC:東野幸治(ライト東野) / 藤井隆(レフト藤井)
本田翼
かまいたち / キュートン / 野性爆弾くっきー / 庄司智春 / 天竺鼠・川原 / 友近 / にゃんこスター / ハブサービス / ハリウッドザコシショウ / 風船太郎 / マヂカルラブリー / ゆーびーむ☆ ほか

お笑いナタリーをフォロー