お笑いナタリー - 毎日読めるお笑いニュースサイト

鈴々舎馬るこ、立川談慶ら落語家が書き手、コミックノベル「イケメン落語」

154

電子書籍ストア「Reader Store」にて本日11月24日に配信開始された「イケメン落語」シリーズの書き手を鈴々舎馬るこ、立川談慶らが務めている。

スマホに最適化したコミックノベルの新シリーズとして登場する「イケメン落語」は、古典落語の登場人物を現代風のイラストでイケメンキャラクター化。第1弾では6作が配信され、そのうち「たいこばら」「死神の金魚玉」「目黒のさんま」を鈴々舎馬るこが手がけている。

ビジュアルはマンガ家の高崎ぼすこ、丸木戸マキ、鶴ゆみか、嶋二などが担当。12月末までに「紙入れ」「笠碁」「大神宮」「千両みかん」といった全15タイトルが配信される予定だ。スマホで見やすいコミックノベルで落語の世界を味わってみては。

お笑いナタリーをフォロー